〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 今はポルノグラフィティ<馬。

<<   作成日時 : 2010/10/01 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 こんにちは。お元気ですか、うまうまです。こっちは元気に仕事してます。

 その仕事。私が勤める病院では、とにかく研修医が多いんです。救急外来で研修医が初診しているというのは、もう常識というか当たり前のような話で、だから患者さんには

「昼間の専門の先生へかかった方がいいですよ。」

 とお勧めします。

 という話ではなくて・・・。誰だってそりゃ『始まり』っていうものがあるわけです。私だって看護師一年目で、新人でペーペーで何にも出来ない時期があったわけです。(まぁ、今も・・という気もするけど)
 点滴だって

「人の体に刺すなんて!!!!!!!

 という時だってあったのです。(今も・・・・今は別の意味で笑い話を量産しているけど)
 ということは、医者だって『始まり』があるわけです。巷で噂の名医だって、巷で噂の迷医だって、そりゃ始まりのスタートラインは同じです。初めて患者さんを診る、経験がない、というのはとにかく傍から見てれば怖いものですが、仕方のない登竜門なのです。
 外科医のアッペ執刀、整形外科医の大腿骨執刀、形成外科医の顔面手術執刀、全て初めから経験値があったわけではないのです。

 長い前置きですが、研修医(医者のはじまり)が患者を診るとどうなるか・・・

 知識があるので、

「なんじゃこりゃ!?」

 ということにはなりません。ならないけれど、

「どういうこと!?」

 ということにはなります。

 経験値があると、診断までの100の道のりの、50くらいから始められます。けれど、知識はあっても経験がなければ、100の道のりのマイナス20くらいから始まるんです。つまり、主要な情報を聞き出すところから。ピックアップが下手なのは仕方ない。

 ということは、ゴールまでたどり着くために、時間がかかる。

 つまり、研修医が患者を診ると長いんです。

 しかも、ゴールまだたどり着かないことがほとんど。

 たどり着かなくっても、人間の体というのは回復力と適応力というのがあるので、一応は大丈夫だし、大概ゴールまでたどり着かない人たちは入院になります。

 その「長さ」に耐え切れなくて怒られることが多いんです。怒りの矛先は大概看護師。大概でなく、怒りの処理をするのはほぼ看護師。腐っても鯛、新人でも医者。人は『医者』という人間に強く言えることは少ない。けれども、「看護師」という人間には何でも言える。怒りもわがままも、嫌味も。

 その対応が、私実はとても苦手。本当に苦手。先生が何を考えているのかわからないので、怒りの納め方が変わらない。手術の手の先読みのようにはいかない。何せ相手が研修医だから。指導医も何を考えているかわからないし。という具合に、『診療の方法』とか『考え方』とかも、田舎と都会では違う。医療って平等だと思っていたけど、一つの疾患でも治療方法が全然違うんだもん!!! こんなに違うの!?今までの私の経験って何!?というくらい違います。

 この間の夜勤では、本当に痛いほど嫌味を言われ、嫌味を言われ、嫌味を言われ・・・・。

 でもどうしようもないんだもんーーーー!!!!

 と思うしかない自分も嫌で 所詮看護師だし・・・・と思おうとしても、別の看護師がきれいにその事態をまとめ上げてしまうのを聞いていて、なんだか複雑な思い。どう考えたら患者さんの為なのか、患者さんに対する優しさってなんなのか、すごくすごく考えさせられて、自分が今まで考えてきた「看護」ってなんなんだろうって思ったりして、結構凹んでどツボだったのです。

 自分の思う看護がうまくいかないのはなぜだろう?今までそうしてきたし、今まではちゃんと伝わってきたはずなのに、今は何をしても空回りで何をしてもうまくいかない感じです。環境が違うから、考え方が違うから、とらえ方が違うから・・・生活する場所、地域が違うだけで、人間の「思い」のとらえ方も違うんだと気づきます。

 優しさや思いやりに対する感じ方も、とらえ方も、価値観も違う。そりゃいろんな人がいるけれど、温かい気持ちに対する価値観の違いがあるなんて、知らなかった。
 私がそうと思ってきた看護が、こっちでは通用しない。前の病院でも『私ってなんなんだろう?』って思うことは多かったけれど、こっちに移動して、自分自身の存在よりも、自分の看護師としての意味っていうものにより大きくぶちあたります。

 同じスタッフからも、遠回しに「看護師としてなってない」と結構辛辣に批判されたりするわけで・・・言ってもらえるだけありがたいけど、私だって何も考えずにいるわけではないので、私はこう考えてこうなんだけどな・・・・という事が通用しない。 (逆に言えば一つのやり方しか認められないから、別のやり方や考え方をすると受け入れられないという事なんだろうけど) ←それって、前の病院ではなかったこと。

 自分の居場所とか存在意味とか、在り方とか、そういうものを考えて考えて考えまくって、求めて移動した先でもっと深く同じことに苦悩するとは、何とも意味深です。 
 お陰で私は、どうやら周りからあまりできない子に思われているみたい。まぁ、出来ないんだろうけど。

 井の中の蛙っていうけど、広い意味で井の中の蛙にならないほうがいいよって言えるね。自分がどう成長するかも大事だけど、その根本で、広い世界を知るっていうのは大事だなと・・・。
 今いるその場所が『最適』ということはあるけれど、その場所だけがすべてではないってことは、言えるかな。今仕事に満足している人にも満足できていない人にも、

 世界はそこだけじゃない

 って、はっきり言えます。凄い転職をしてしまったわ・・・。でも決して転職の勧めではないんだ。できれば同じところで長く勤める方が断然いいに決まってる。
 それでも泣いてばかりいるわけにもいかないし。気が付いたら3か月たってるのに、何も吸収できていない気がする。すごくすごくいつもいっぱいいっぱいな気がする。

 余裕が欲しい・・・広い視野が欲しい・・・優しさが、思いやりが、深い深い慈愛と包容力が欲しい・・・。

                     

 ドリカムの曲の歌詞の一つに、

「あの人との間に起こるすべての出来事を忘れないでいる、すごい記憶力が欲しい」

 という感じの歌詞があります。(タイトル忘れた)
 ドリカムの曲にはいつも、ごく平凡な日常の中で同じ高さの目線で見つける「輝石」がたくさんあって、この曲を聞いたときにもすごく頷けてしまいました。

 あの人との出来事だけでなく、勉強することがすべて頭に入って必要なときにポンと出てくるような記憶力が欲しいなぁと、今はそっちの方が強い希望かな…。

 大切な人との思い出を、忘れることなんてできないものね。忘れたくても、忘れたつもりでも、思い出したくなくても不意に思い出されて、不意に涙がこぼれるのも、少し気持ちが弱くなっているのかなぁと・・。ただそれだけなんだよねぇ、と・・・。恋しいわけではないんだよねぇと・・・。

 奮起させている自分に、エールが欲しいものです。
 てへっ



 大分涼しくなりまして、世の中には長袖やブーツがお目見えしています。ファッションセンスゼロの私としては、周りの華やかな衣替えや、かわいらしいコーディネートを楽しみながら、自分はいつものシャツ&ジーンズ。スカートという言葉が過去になりつつあります。

 そんな中、過去にしてはいけない!!!!!

 という意気込みで、乗馬クラブに顔を出してきました。10月から近畿の乗馬クラブへ移籍しまして、その様子を探るため、また鞍箱とかのシステムやレッスンプログラムを教えてもらうために、通うことになるクラブへお邪魔してきました。

 今までいたクラブとは違い、



 広い。



 でかい。



 大きい。






 怖いーーーーーーーっっっっ!!!!!!




 前のクラブの、あののほほんとしたアットホームさはどこ!!!???
 みんなが顔見知りみたいな優しさはどこ!!!???

 変わらないのは『馬がいる』って言う事と「スタッフの制服」だけで、雰囲気が全然違う。
 クラブハウスの広さからして、4倍以上ある!!!!!

 一緒に行ってくれた友達に

「・・・・大丈夫なのか、私!?」

 と弱音を吐いたりしてました。仕事場しかり、今まで地方の小さなところでのんびりやってきた私。より大きなところへ移動となると、足がすくみます。逆ならいいのに。逆ならなんぼか安心するのに。

 マジでこんなにでかい乗馬クラブがあるのか!?というくらい。
 スタッフは全員のレベルを把握できているのか?
 そんな状態で『上達』なんてあり得るのか?

  ・・・という疑問。

 私の馬術技術って、ここどまり? という不安にも駆られたりしました。前のクラブは規模的に中規模だったので、スタッフさんがそれなりに私のレベルというのを知ってくれていて、それにあったアドバイスなり指導をしてくれていました。だから安心して相談できたというところもあるんですが、次に行くことになるクラブは、指導員も多いし馬も会員も多い。私のレベルを誰が把握してくれるのか?という感じ。
 つまりは、自己責任? 自分で自分の上達をしろってこと? でも、『指導』は誰がしてくれるんだ?
 

 瀬戸内のうまうまさんって、恵まれていたなぁ

 近畿のうまうまさんって、どうなるんだろう?




 近畿に来て思う。
 
 瀬戸内って、いいとこだよなぁ



 にしても、久々に嗅ぐ馬臭、久々に見る馬面。

 癒される

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
出張ホスト募集
クラブルースキャッスルは、オープンしたばかりですので、出張ホストを全国で大募集しております。今なら、初期メンバーとして、5000円で、1年間掲載させていただきます。 ...続きを見る
クラブルースキャッスル
2010/10/01 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今はポルノグラフィティ<馬。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる