〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ため息で数珠が何個できる?

<<   作成日時 : 2010/10/18 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 気が付けば・・・というのは私の最近のブログ上の口癖になりつつあります。

 気が付けば10月半ば。気が付いたら私、ブログの記事をほとんど更新していないことに気づいてしまいました 夜勤の日はダメだとしても、明けの日くらい書けよ!いう感じなんでしょうが、まぁ私のこの些細なブログをチェックすることが日常の一番の楽しみにしている人なぞいないので、とりあえず笑ってごまかす。裏で肩を落とす・・・。

 さて、今日は何故か10月に在る、希望していない長い休みの一つの最終日。(ややこしい)

 昨日まで実は実家に帰っていて、お琴の練習をしていました。近畿にはまだお琴を持ってきてないので、一か月に一度帰っているときだけいじる程度なのに

「つぎの曲〜

 と言いながら嬉しそうに譜面を差し出してくれるお師匠さん。

「ちょっと難しいんだけど〜

 と言いつつ、まだお琴を近畿に持って行ってないことを言うと、

「あぁ、お琴なんて持っていかなくていいのよ〜 どうせ周りに気を使って音なんて出せないんだし。こっちに帰ってきたときだけいじってればいいのよ〜。」

 ・・・・お師匠さん・・・・の・・・・言い分でいいんでしょうか?

「それより、ぽつぽつでもずーっと続けていく方が大事よ〜

 確かにそうだけども

「でもね、次のはちょっと難しい曲にしたから、はい、調弦〜

 ・・・・・そういうお茶目な方でした、お師匠さんって
 もともとレッスン1時間、お茶1時間の教室ですから。

                   

 帰省していたのは、お琴の練習もさることながら、もちろんぼーっとすることも大事だし、わんこのシャンプーも大事なんだけど、一番の目的は車を待ってくることでした。近畿の車事情が厳しいのは知っていたんだけども、そろそろ乗馬を始めるに当たり車がないとどうにも移動できないことに気づいたんですよね。勿論車なしで通っている人はいるんだけど、そういう人って大概朝来て一日中クラブで過ごしているような人でしょ?私はまず無理お友達だっていないし、一鞍乗るのが精いっぱい。あんな大きなクラブで一人でぼーっとできるほど神経太くないし、まずまだまだ余所者だし。

 とりあえず移籍一鞍目を乗らなければ状況がつかめないし、自分の鞍を移動させないといけない。乗馬にまつわる道具を持ってくるのにも、車は必要なんです。(ただし、狭い狭い私の部屋にすべてが入るかどうかは微妙)

 日曜日に瀬戸内から近畿まで、大渋滞をぬって下道を通りながらようやく自分の近畿の部屋にたどり着いて、今日月曜日に、移籍初めてのレッスンに出かけてきました ←でもこんなるんるんじゃない

 前置きとして、以前いた乗馬クラブは本当にアットホームで、馬術で上手くなるというよりも根本、乗馬を楽しむ割合が多くて、こう言っちゃなんですが結構ゆるゆるだったのです。
 だからすごーーーい選手もなかなか育ちにくいかもしれないけど、自分の好きなスタイルで乗馬を楽しむにはとても適したところ。選手、スポーツとしてガンガン頑張ることにもある程度こたえてくれるけれど、ほぼ『乗馬楽園』の様相。それがいけないと言われて久しいけど、今となってはそれが恋しい

 規模的にそのころと比べると4倍くらいに大きくなってしまいまして

 指導員だって、誰が誰だかわからない。勿論そうだけど、厩務の人なのか体験乗馬の人なのか、指導員なのかフロントの人なのかもわからない。分からないことだらけなのは仕方ないけど、システム自体もわからない。

 しかも、フロントの人、冷たい・・・・
 以前のクラブは入ったらすぐにフロントの人たちの笑顔があって、

「うまうまさーん! いらっしゃーい!」

 って声かけてもらえて、笑いがあって、お茶目があって、隣のカフェからいい匂いがしてて・・・・

 あぁっっっ!!!! センチメンタル!!!!

 今の所なんて、まだ顔見知りって程度でもないから余計に

「それはあっち。」

「それはこっち。」

 横で仕事してる人なのにさらっと降られて、後は知らないって感じ。なんかさびしい前の所の人だったら、 「はいはい〜って感じだったのに。
 情報だってあんまり連携してないような

 馬の頭数も桁違い。馬房の地図はあるけど(地図があることも凄い)、どこがどこだかわからない。説明されても迷う。自分の乗る馬がどこにいるのかも迷路。確かに4倍だよ人も4倍、馬も4倍、あったかさは1/4、冷たさ4倍…。

 泣きそうだよ〜〜〜〜

 と思ってひーひー言いながら馬房をうろうろしていたら、

 やっといた〜〜〜〜!!!!!

 今日の私の相棒、オリさん!!!!!

「よろぴく・・・」

 へたれ騎乗者にびっくりしたのか、オリさん、きょとん。
 馬房から出して洗い場で(暗いの・・)馬装していると、隣の馬房の会員さんから

「これ、オリさんでしょ?」
 
 と言われて、

「そうです。」

 と返したら

「この子、レッスン制限してるのよ。身体も太っちゃって、腰も悪いからレッスンにはなかなか出せなくて。」

 ・・・・・・・え?
 確かに、史上稀に見る位置で腹帯を締めたけど



 なんか、嫌な予感がするんですけど




「・・・・・そ・・・・そうなんですか? 私、移籍してきて初めてのレッスンなんですけど?????」
 

 初めてってところ、アピール!猛アピール!!!



「あら、それでその子があたるなんて、上手なんだ


 出たーーーーーー!!!!!
 
 違う!

 違うんですーーー!!!!




 それは何故って!?

 ひみつひみつひみつひみつ

 じゃなくって、


 初めてだからですよ〜〜〜



 ・・・・・・・・・・・・次から、絶対当たらないと思います




 もともと、以前いたクラブとはレッスンのレベルがちょっと違う。
 馬場レッスンはかなりゆるゆるだった以前のクラブ。
 
 今度のクラブは、馬場レッスンで20頭近くの馬が馬場に勢ぞろい。

 ・・・・・馬間距離かよ



 思っていたら



「うまうまさん!!!!!! なってない!!!!!」

「誰に教わったんな!!!!!」

「そんなんで動かせるか!!!!」

「うまうまさん!!!! 聞いとるか!!!!!」

「うまうまさん!!!!! 分かるか!!!!」 


 ・・・・始まりから、嫌な予感したのよ 問答無用言い訳なし!のレッスンの予感・・・。

 あぁ、以前こういうレッスン受けたな…

 けど、ムカついて言い返してたな・・・・

 けど・・・



 こんな20人もいて、皆神妙に指導受けてる空気の中、

「聞こえとるわ!」

「いっとることがわからんわ!」

「いまやりょうるわ!」
 

 ・・・・なんて心で思っても吐き出すことはできず・・・・
 ふつふつと浮かぶ放送禁止用語を、心の中で反芻する・・・。
 たとえ近畿といえど、そんな返しはきっと倍怒られる



「うまうまさん!!!! 腰が引けてる!」

「はい・・・」

 もともと引けてるのよ、私の腰。前にはないの・・・スタイル的に・・・。

「うまうまさん!!!!! 膝はどこをむいとんか!」

「・・・・・」 ←最早返す気もなし。

 さぁ、どこを向いてるんでしょう?
 目はついてないですし
 膝は剥くものではないのですが・・・な〜んてネ

「うまうまさん!!!! 大腿で押せ!押せ押せ!」

 押してますがな。
 太ももよりふくらはぎが出てるんですけど?

「うまうまさん!それは斜め横足じゃないーーー!!!!」

 はい、それだけはよくわかってます。

「斜め横足ができない馬はいない!!!! 上が教えないだけだ!!!!!」

 ・・・・人間も馬も、教育って大事だと思いますけど?
 ・・・・教師の質って、大事だと思いますけど?

「馬ができないんじゃない!人ができないんだ!」

 ごもっとも
 ひゅーひゅーぶらぼー正論

「なのに馬が出来ないって怒られるのはおかしい!何故自分を叱らない!」

 ・・・・私はあなたにしこたま叱られてますが

 これ以上誰が私を叱るんですか?

 私、馬、叱ってないし。

 馬を叱る以上に叱られてますけど?

「誰かに何とかしてもらえると思うな!!!!」

 誰かに何とかしてもらいたくて乗馬教室ってあるんじゃないのか?
 いや・・・・誰かに何とかしてもらいたくても、誰何にもしてくれないんだよぅ…

「うまうまさん!!!!! 腰!腰が引けてる!あんたの肛門はそんなところにあるんかっ!!!!」




 見たことないくせに





 見たことないくせにーーーー!!!!!!




 男と女の肛門の位置は、少し違うんだよーーーーー!!!!!!





 人の肛門見たことないくせにーーーーー!!!!!



 ・・・・って、見たことあるって言われたら終わりか
 あれもこれもしたことあるって言われたら、言い返すことはできない

  
 タメイキ

 45分のうち、きっと43分は私の名前が馬場中に響いていました。
 20人近くいたのに。

 20人皆うまうまさんだったっけ? 


 お陰で、オリさんの印象なし
 とてもとても頭がいいのだけは分かる。
 私が怒られているのに気づいていたみたいで、思いっきり気を使われていました。

「・・・・これでいい? ダイジョブ?」

 みたいな感じ。
 馬の背の上で、ありありと馬の気遣いを感じたのって、久しぶりすぎる



 馬に気を使われる騎手ってどーなん? 

 おかげで、がっつり凹みまくりました。

 このクラブから、以前のクラブに移動したO指導員、あなたってこんな場所にいたの?

 ・・・さぞかしびっくりしたでしょう、そのクラブののんびりさ

 でも、そこが一番いいところ。

 あぁ・・・・懐かしい…・



 まだ一鞍目・


 
 今度もきっと、返り討ち

       くっそ〜〜〜〜〜!!!!!!
       

                 

 そのあと、家に帰る途中、友達のおうちへ寄って午後を過ごしました。傷心のうまうまさん、友達とランチしてお茶しておしゃべりして、まったりして来た訳です。

 ふぅ、充実した一日だったわ〜

 もう、前半戦忘れそう

 
画像


 その友達から頂いた富山のお土産。

 蒲鉾です〜〜〜

 今はかわいいものがあるんですね。変わり蒲鉾とかいうものらしくて、新幹線とかもあるらしい。瀬戸内は鯛竹輪とか有名だし、お陰で練り物は結構あるんですが、こんなかわいいのはあまりない。ってか、作ってないだろうなぁ。 
 可愛いし、そのまま切るのは勿体ないので写真です。ついでに、友達がデータを持っていた嵐のベストアルバムもいただきました

 平日休みがあると、何だかゆったりした感じです。道路も何となく少な目だし、お友達のお家にお邪魔していても、平日の町中の時間の流れって、少しゆったり気味。休日の喧騒がない分、のんびりした気分です。
 ランチに行ったカフェもおいしかったし、移動は車で楽ちんだし、充実の近畿ライフ・・・といきたいものだ

 友達とも言っていましたが、3か月たってもまだ、なかなか近畿が「自分が住んでいるところ」「生活の場所」のような気になれない感じです。慣れなきゃいけないことがまだまだ多すぎて、仕事にもまだ余裕がないせいか、間借りしている感(実際間借りだけど)絶大。愛着ってどこ吹く風、ホテル住まいのような居心地の悪さが続いています。
 お陰で肩コリと頭痛がすごいんだけども、まだ風邪ひきは酷くなっていない。 (←ひいてんのかよ!?)

 実家に帰るのがある意味楽しみなのは、ホッと一息って感じだから。けど、実家のある町にいても「ここに私の未来はない。」気分が強くなる。

 私が根を張る場所はどこなんだろうなぁ…・と、色んなところをうろうろしていると思う。
 「故郷」があるのはいいことだよと人は言うけれど、「故郷」にいられない自分っていうのがとても寂しく思えたりする。

 なんで私は、離れているんだろう?
 
 自分の決めたことなのに、まだまだ戸惑いと焦りといら立ちが募る毎日です。ため息の数だけ、幸せは逃げるんだけどなぁ。長いこと故郷を離れるって、人それぞれだけれど皆どういう思いなんだろう?

 人にとって「故郷」って、なんだろう?
 『居場所』って、どんなものだろう?


 何かに引かれるようにしてやってきたこの場所は、私にとってどんな場所になるんだろう?

 晴一くん、日本の政治問題は考えても、そういう事は考えないのかな?一番身近で一番背を向けているようなものなのに。大きなことより、小さなことにも大事が眠っているのに。考えたとしたら、どんな答えを出すのかな?
 マザー・テレサは言ったよね。世界の平和を考えるなら、まず自分の家族を愛しなさいと。小さなことを愛をこめて行うことが大事だと。



 挫折するたび、堂々巡り。

 

 毎日毎日、とりあえず頑張ろう!


 ・・・・って思う力が枯れないようにすることかな・・・・てへっ・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ため息で数珠が何個できる? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる