〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉か凶か???

<<   作成日時 : 2011/05/12 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 皆様の周りを取り巻く、『名義』。どの名義が誰になっているか、分かっていますか?

 ・・・というのも、両親の不幸・・・・ではなくて、実家暮らしの長かった私の周りには、名義が『家族』のものがとても多いんです。名義を変えるのも面倒だし、どうせ一緒に暮らしているんだし、という感覚で、若いころ(といっても、20代くらい?)に持っていた公共の(?)大概のものが親名義になっています。

 名義を好感していたりするので、私の名義のものを母が使っていたりという事もあるんですけど、とりあえず家にあるもの、使っているもので私名義になっているものは意外と少ない。

 独り暮らしをするようになってからは、流石に家とか家電の名義は私になりましたが。

 最近、その名義ってものが結構重要視されているんだなと思う事が何度かありました。まずは、インターネットのプロバイダの契約とか解除とか。一つ使っていないプロバイダがあったので、節約のために解約したのですが、私の名義だと思っていたのに父名義だったようで、

「ご本人さんとお話しできる状態でないと承れません。」

 という感じ。仕方なく実家に帰った時を見計らって電話し、解約にいたりましたが。

 同じことが携帯にも。

 このたび私、スマートフォンデビューを果たしまして。あんなに携帯どっぷりだった私ですが、あまりの使い勝手の不便さに(今までの携帯の常識と全然と違い、パソコンと携帯の中間のような感じ)、とっぷり携帯離れ=浮世離れしている次第です。

 さて、この私の使っている携帯も、実は親名義。私名義の携帯はauなので(実はセルラー時代から使っている名義ですのよ!)、手術室勤務になった当時、電波がとてつもなく悪く、つながらない範囲が多かったので、当時電波状況の良かったドコモに変えたのです。父がちょうどドコモの機種変更をしようとしていた時なので、ファミリー割引で一緒に購入したのです。機種だけ選んで父に任せていたら、どうも名義が親のまま。実家暮らしはそういうところに無頓着なのでそのまま過ごしていたんだけど、いざ今機種変更をしようとしたら、

「ご名義様とのご来店が必要です。」

 どわーーーーーーーっっっっっ!!!!! 
 携帯ってそんな社会だったっけ―――!!!!????
 昔は結構頻繁に変えていたような気がするんだけど。

 というわけで、あまりにも調子が悪い携帯電話だったし、今では生活必需品なので、実家に帰って店舗で申し込みをし、

「地震の影響で一か月近くかかります。」

 と言われたにもかかわらず、一週間で

「用意できましたー。」

 の電話あり、とんぼ返りで実家に帰省する羽目になっていました。で、ドコモのエクスペリア・アークという機種に変更。お財布ケータイもワンセグも付いていなかったので、ちょっと残念かなぁと思っていたら、買った瞬間に

「お財布ケータイ・ワンセグ搭載、エクスペリア新機種発売へ!」

 なんて見出しを見つけてしまい、ちょっとがっくりきたけど、使い勝手の面でかなり苦戦しているので、これ以上を求める気持ちはさらさらないのであります。慣れればまた別なんだろうけど。流石にソフトバンクに替える勇気はなかった。(実用主義なので、電波状態がいいのが一番!)

 というわけで、携帯電話が変わり、心機一転。今までどうしようかと残していた色んなメモリーも、ぜーーーんぶ消去。わんこを撮った写真だけは、どうにも消せずに残っていますので、そのうち移動させてもらわなければ。

 携帯電話を変えて、せっかくわざわざ帰省したんだししばらく実家でまったり過ごしていたのです。ちょうど平日の休日が重なっていたので。平日休みだと親とどこかへ出かけることもなく、ただわんことまったり、または買い物って感じで毎日を過ごし、さて帰ろうかなとしたその日。

 携帯的には、買った翌日。

 いつものように、愛車で近畿に戻る道を走行中。お昼に実家を出て、途中岡山で寄り道の買い物をして帰るつもりで、高速道路を使わず国道を走っていたのです。私の地元の国道は、国道なのに少し走れば対面交通・一車線になってしまいます。トラックの通る結構交通量の多いところなのに、信号は多いし一車線だしで、結構のろのろ運転になる事多いです。場所は大抵決まっていますので、そこをすぎるとすいすいですが。

 一車線の国道を、のろのろと走っていた時、信号待ちで前のトラックがゆっくりと停車。続けて私もブレーキを踏んで停車。CDを一枚替えて、信号が青へ。ゆっくり走りだした車列に乗って走っても、5メートルもすぎないで緩やかに停車する、なんてことを繰り返していた国道。

 何度目かで、また停車かぁと思ってブレーキを踏み、一息ついた瞬間、





 がしゃんっっっっ!!!!!!

 ばきばきっっ!!!!





 音に続いて愛車がボワンとバウンドして、

「ななななななななななにごとっっっっ!!!!!?????」

 と思った瞬間、前のトラックに突っ込みそうになり踏ん張るブレーキ。丁度トラックもぶつかる前に発進してくれたので事なきを得ましたが、思わず周りをきょろきょろしたら、バックミラーに後続の車の運転手さんが手を合わせているのが見えました。




 ・・・・・ぶつけられたのだわ・・・・



 そーです。俗にいうオカマ掘られちゃったのです。信号停止の時に、ブレーキを踏もうとして間違えてアクセルを踏んでしまい、前を走っていた私の車に衝突したのだとか。あるある〜〜〜。

 近くのコンビニの駐車場に入れ、車を見たら見事にバンパーが落ちてまして。ナンバープレートもひん曲がってまして。でも思ったより「あちゃ〜」てな感じで汚くなっていなくて良かったものの、トランクのドアがひん曲がってて開かないんですよね。うんともすんとも言わずで。

 そこは車屋の娘、父にコールして状況を説明、

「これで帰れると思う?」

『走れるんか?』

「走るのはえぇけど、エアロ落ちるかもしれん。でも押してゴトンと落ちる気配ではないか。」

『・・・・・・・・・・・・見た方がいいと思う。』

「会社に行きます・・・・」

『・・・・・・・・・・・よろしく。』

 電話を切って気づく。






 新しい電話で初めての会話がこれかっっっっっ!!!!!!!





 うまうまさん、何を背負ってこんな目に!???? にしても、私は完全被害者なので(信号待ちで停止中っていもあるし。)結構気は大らかで、とにかく早く車をどうにかしたかったし、近畿に帰るかどうかの思案もあったしで、

「それでは事故の話を…」

 とか

「それでは物損事故として…」

 とか

「もしもこれ以降体の調子が…」

 なんて悠長に説明をする警察官に対して

「はい!はい、もうそれで。はい、はい、分かりました。はい、もう十分。」

 なんて掛け声のように返事をしながら、

「体のメンテナンスなんてプロですからまぁ、平気ですよ〜。あっはっは〜〜」

 と冗談を言いつつ、実は左半身が微妙に重かったりするのをひた隠しにし、急いで車を父の会社へ乗り入れたのです。もうずいぶん岡山寄りに来ていたので帰るのに30分以上はかかり、結局その日は近畿に戻れず。夜勤入りのその日に新幹線で慌てて帰ってきたという次第です。

 車を見た父は車を見て、出て来た会社の関係者さんと

「こりゃまた派手に。」

「聞いてたよりずーっと酷いが。」

「こりゃ〜、かかるで。」


 と散々言われ続けました。私の車は今年車検。おそらくバンパーとトランクのドア一面、エアロ部分を変えることになり、50万近くかそれ以上も覚悟しなければならない状態。(右寄りにぶつかってくれたので、排気筒が無事でよかった。) 相手側の保険屋さんからお金が出るので、そこは金額どうのという問題ではないんだけども、新たに買い替えも視野に考えなければならなくなり、悩むこと沢山です。

 そんな状態の車は修理へ。こっちは帰ってきた途端に結構な雨に見舞われ、買い物行くにも不便している次第。車のありがたさを感じます。五月は車なし生活。辛い・・・。

 こんな目に合うんだから、そろそろいい事もあるだろう!!!!!

 と、前向きに考えている次第のうまうまさんであります。
 なんて楽観的なんだ。しかし、±ゼロという事になるかどうかは定かではないけど。

                  

 名義の話に戻りますが、その壊れた私の愛車もまた、父の名義なのです。仕事をし始めて免許を取り車を買ったし、しかも父の会社ですべてを行っていたので、当然名義が父のものになっているのです。おそらく、父が手続きをするのに楽だからというのもあるんでしょうけど。

 保険会社から電話があった時、まず車の名義を聞かれ、

「ご名義の方にもご了解を・・・」

 なんて話になるのです。

 そんなことにも名義なのか!!!!と思いましたが、確かに名義ってそういうところで使われるもんなんだろうなと、最近必要のないものは無いものなんだなと思ったりしたりして。

「勿論勿論。了解してます。」 ←夜勤の為の仮眠中で機嫌が悪かった。

 と返したら納得してくれましたが、これで

「ご名義様にも連絡をとってからでないと・・・。」

 という話になったら、『めんどくせぇな』と思っていたかもしれない。
 
 しかしまぁ、病院以外で久しぶりに警察のお世話になりました。考えてみれば、病院に検死に来る警察官って、制服を着た人ではないんですよね。制服の警察官って、私服の警察官より優しいなぁという印象。昔はもっとこわーいイメージでしかなかったけど。
 警察官と先生って、怖い代名詞だったような気がするけど、いつの間にか時代は変わっちゃったんだなぁ。

 

 そんなこんなの、私のスマホデビュー記念日でした。

 左肩から左腕がだるーい毎日を過ごしておりますが、頸椎捻挫にならなくて良かったわ。
 どこまでも車に関しては強運な私。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
吉か凶か??? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる