〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 休日の歩き方

<<   作成日時 : 2011/08/13 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 とある用事で、この猛暑の中でも涼しいと言われている所へ行ってきた帰り、夕飯の買い物をしようと寄ったスーパーマーケットに降り立った途端(車だったの)、


 殺人的


 な陽射しにやられました。

 もともと汗っかきなほうで、近畿の家も平気で室温30度越えの中窓も開けずにくーくー寝ている私、体温調節には結構自信ありなのですが(運動すると付いていけないけど)、瞬間の秒殺でした。
 涼しいといわれていった先もそんなに涼しくなく、やっぱり全国的に熱いんだろうねーなんて言い合っていたけど、実はやっぱりソコソコ涼しい場所だったのだと思うのです。というか、普段過ごしている場所が暑すぎなんだと思う。アスファルトばかりだから。これって、多分アスファルトを減らしたらもっと涼しくなると思うんだけどね。こういうところもエコになっていけばいいのにね。

 というわけで、あんまし涼しくなかったけど涼しいだろうと行ってきた先は、別に大それた出先ではなく、単なる観光目的です。

 
画像


 実は、わんこの調子が悪くて、お盆も兼ねて帰省しました。そのついでに、両親のお出かけに付いて行って、今回は鳥取県の倉吉市へ。(良く分る地図が出ない。)



 赤瓦土蔵群があり、昔懐かしい建物の並ぶ中、まぁのんびり散策するという感じで、どこか倉敷や上下と言った町並みに似ています。といっても、どちらかといえば知名度が低い分、賑やかでもなく寂れてもおらず、程よい居心地です。ぐるぐる同じところを何度も違うお店に入りながら回るって言うのが楽しそうだけど、そこは60過ぎの両親連れ、暑い日差しの中歩きまわすのもちょっとどうかな・・・。
 赤瓦といっても、上から見れるわけではないので、白壁土蔵の町並みを眺めて、上が赤い瓦なんかなぁと思う位ですが、私が考えていたよりは赤くない。赤い瓦といえば、どこか別の場所も有名だった様な気がします。どちらかといえば、豪雪地帯で多い気もしますが。

 町も静かでのんびりしていて、色んなお店も食べ物もあり、しつこくなく突き放すでもない庶民的な観光地です。瀬戸内からは岡山を抜けて中国山地を横切って鳥取入りの定番コースをドライブしましたが、この道々が結構素敵だったりします。ドライブの運転手は専ら父なので、私は後部座席でぼんやりか昼寝。

 中国山地を超える時には、矢張り少し勾配がきつくなる高速道路。そこからみえる高原の景色や山々の連なり、豪雪地帯特有の、トタン三角屋根、昔ながらの日本家屋、田圃のご神木、道々のお地蔵さん、玄関の勝手口にそろえられた突っ掛けまで、何だかとっても風情ある感じです。こういう景色が「懐かしい」とか「いい感じ」といえるようになった歳というのもあるんですが、こういう景色が当たり前だった子供時代から、瓦も縁側も勝手口もない現代建築にまみれて生きているんだなぁという現実を突きつけられたようで、便利さを追求する事と伝統を守るというか、伝統的に生きるという事がこんなにかけ離れてしまった国も珍しいのではないかという重いです。

 日本人は新物好きという国民性もあり、不便を風情として生きてきた時代もあり、苦労を美徳としてきた考えたかも在り、楽に流れると途轍もなく楽を追求してしまうのですわね。
 伝統とか、別に重んじて守って保護しなくても、普通に今までどおり生きていれば、瓦屋根も風鈴もよしずも浴衣も、ごく普通に家の中に在ったはずなのに、今までの生き方と協調しない生き方ばかりしてきて、結局自分達の「伝統」だったり「風習」「慣習」を捨て去ってしまっている国民。

 どんなに文化が進んでいても、民族衣装を愛し、伝統工芸の中でいきている国民は沢山あります。日本ぐらいじゃないのかなぁ、民族衣装(?)である着物のきの字も知らないのって。自分を含め、着方も名称も分らなかったりいするし。
 数ある国の中で、歴史で見てもかなりの長さを誇る日本国。それってすごい事なんだけど、その歴史を全て忘れてしまってる国民って言うのも、かなり珍しいんだろうなぁ。

 ・・・・という風なことを思いなおしてしまいました。

 まぁ兎に角、生き方を変えたせいで自分が生き辛くなってしまった国民という事なんでしょうね。で、それを結局政府や誰かのせいにしてしまう、他力本願な国民性なのかもね。で、一念発起与党を変えてみたら、あーらま、治世のノウハウを何も知らない初心者で、自分達で選んだくせに悪者扱いしてしまうような人なのですよ。
 
 病院にいると、自分に降りかかる悪いことを誰かや何かのせいにして喚く人達の多いことに気付きます。流石に、病気になったのは○○のせいだ、と言う人は居ませんが、治らないのは○○のせいと言って、体のちょっとした不調を責任転嫁する人はいますがね・・・。

 何だか愚痴になってきたので辞めましょう。

 お盆ともあって、高速道路は結構な込み具合です。休日1000円がなくなったとはいえ、家族旅行は大事なイベントの一つですから、子供さんのいるご家庭ではあっちこっちへ移動している様子です。流石に倉吉の街めぐりは、のんびりゆったりするという事もあり、子供連れで賑わう、というよりはもう少し年配の方やカップルの方の方が多かったです。ほんま、のんびりするところですので、もう少し陽射しが落ち着いてからのほうがゆっくりできるでしょうね。
 帰りに寄った蒜山高原では、まぁなんとも子供ばかりでびくっくりしましたけど。

 そこから少し言った先に、鳥取の梨博物館「なしっこ館」があります。

 携帯の充電がきれていて、カメラも持っていなかったので、上のパンフレットしかないのですが・・・。ブロガーにあるまじきことです。

 車から、

「何、この建物〜、変なのー」

 と言い合っていたら、そこがなっしこ館でした。やばいやばい。良く見ると、言われてみれば梨の形なのですよ。

 共同参画センターとかの市の施設と一緒になっているので、その傍ら、と言う感じです。入場料300円はちょっと高いかなぁという気もしましたが、子供は半額なので涼しいし、一日遊ぶにはいいかもしれません。
 梨の歴史からはじまり、

「なし一つでここまで語るか・・・」

 という感じで、梨愛溢れる施設。これでもかっ!これでもかっ!という感覚です。
 勿論、私がはまったのは、一年中やっている

 なし食べ比べ

 ですわ。入ってすぐに駆けつけ、丁度この時期に取れるというなし3種を食べ比べ。私は比較的二十世紀とかの青い皮の梨が好きなのですが、青い皮は瑞々しい代わりに甘みが少ないのもあります。逆に赤い皮の梨はクリーミーな口当たりで甘く柔らかい。でもそれだからこそ痛み易いというのも知りました。
 大人が大人同士で入って楽しむには、それこそ梨愛が必要ですが、私が食べ比べの次にはまったのが、二階の一角にある梨の種類によって描かれた4こま漫画。何が何だか忘れたけど、面白かった。

 梨に青い皮、赤い皮で分類があるのをしったのも初めてです。が、良く考えれば梨って赤いのと青いのがあるよね。

 因みに、これからが本格的な梨の季節ともいえるかな。

                   

 という訳で、盆のわんこ様子見帰りだったのに、思わぬお出かけについていきました。実は、それほどのんびりできるほど、わんこは回復していたのですよ。

 
画像


 情けない顔をしていますが、結構元気です。流石にここ何週間も、食べたくもない療養食しか出てこず、おやつも激減、そんな状態だから食欲も激減していたせいで、驚くほど激ヤセしていて、帰って会った瞬間、11年ぶり???いや、多分11年間見ることのなかったわんこのくびれを見つけてしまい、

「お前、なんてことになったんだーーーー!!!!!

 と、かなり哀しかった。
 ダイエットできて嬉しいというよりは、





 それ程重病だったのね・・・・




 という哀しい気分。
 体のためには、特にこれからの関節や腰や足の事を考えるとこのまま維持が一番いいんでしょうが、食欲がないというのは兎に角いけません。動物に食欲がなくなるというのは、かなりの危険サイン。しかもこの子はあのコーギー!!!!! コーギーから食欲をとると、持ってこないラブラドールと同じ!!!!

 ・・・・なんか違うけど。

 食欲がなく食べないから体力がなくなり、散歩にも行きたがらなくなり、悪循環です。これをどうにか克服する為、母も私も何とか療養食を食べさせようと必死です。いけないといわれていても、食べない事には治療にならないと言うので、療養食にふりかけをかけたりしてまして、その上で量を食べさせようと、褒めてすかして勢いで口に入れさせようと、食事時には家族全員テンション高く、

「いい子だね〜〜。」

「美味しいの食べようか!」

「うまうまするかっ!」

「いや〜ん、おいしそーだーねー!」

「ひんやり冷たいよ〜」

「お利口さかだから全部食べるよね〜」

「はい、待って待って〜」


 と、挙げるだけ挙げ、待たせるだけ待たせて(←まてをする時間が長く、焦らしていると、待ちきれん!という感じで勢いで食べてくれる)、褒めるだけ褒めて、しかもどれほどご飯が美味いかをアピれるだけアピって

「よしっ!!!!」

 となる訳です。
 しかも、わんこが飽きないように、毎回口調もパターンも台詞もオリジナリティ溢れるもので製作。そうしないと、うちのわんこ、「またそういうけど、結局不味いんだよね。」「何度も聞いてるから飽きたよ。」とおっしゃることが多いので。
 食べ残したのは時間を置いてまた繰り返し、食べ残しそうになったら横槍テンション挙げ挙げコールを繰り返す。

 でもまぁ、其れが効いてるのか、其れが効いててくれればいいけど、何となく気分も上向きな様子。吐くこともなく元気に遊ぶようになったし、なんと言っても食事時、足元で


 くれくれ
 

 をするようになった。
 ついには、ここ何ヶ月も見ることのなかった

画像

         「これをやるから、それをくれ。」



 の芸(?)をするようになった!!!!!!!

 うまうま、感涙ですっ!!!!!
 という訳で、わんこと待ったり過ごしている休日の夜です。

 おやすみなさい。
 尻切れトンボでごめんなさい。
 眠くなってきました

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
休日の歩き方 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる