〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 一緒に居る。

<<   作成日時 : 2011/08/17 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

 実家に帰省している間は、
画像

 こんな風にわんことラブラブで過ごせたのですが、現在再び近畿のうまうまさんです。

 一人暮らしして一年。短いけどやっぱり家がいいなぁと、帰るたびに思うのでありまして。

「また転職しちゃろうか。」

 ともくろんでいたりするのですが、流石に一年で仕事変わるなんて、うまうまさんの信用にもかかわるのでここはぐっと我慢です。
 わんこの調子も昨今の円高傾向と同じで右肩上がり。円高が続くのはひじょーーーーーーに厳しく心が痛むところですが(海外旅行が安くていいわぁ〜なんて言ってる人には、日本の経済やら食料自給率やらが全然気にならないんでしょうけどね。)、わんこの調子の右肩上がりはどんどん歓迎。

 同じコーギーのブログをよく色んなところへ足跡つけて見せていただいていますが、中には突然病気と闘う事になったわんこもいたりして、とてもとても他人事ではない(同じ病気ではないんだけど)気がします。

 物言わぬ動物・・・とはよく言ったもので、わんこに限らずにゃんこだって、自分から弱みを見せることはまずないのです。我が家のへたれコーギーですら、何とか病院を誤魔化そうと頑張る見栄っ張りではありますし、診察台の上では

「うち、元気じゃけ。」
 
 を猛アピールする始末ですから。

 物言える人間ですら、気を付けていても熱中症になるイマドキ。わんこの体調の変化には要注意ですね。

                       

 さてはて、旦那の里の里帰り出産で、富山にいた友人から、

「むこうではふつーーーにスーパーでうっとるよ。」

 と言われて、

「またこれが結構いけるんだわ。」

 と言われてもらったものがあります。

 食べると

「あー、なんか懐かしい。こんな形じゃなかったけど、なんか味覚えがあるわぁ。」

 という感じのものです。
 富山の方、お気づき?ってか、富山の人はこれが全国区ではないことは知ってるのかな?


画像

 しるこさんど。

 駄菓子屋さんのあの味、という感じです。結構硬めで、懐かしく甘く美味しい。

「でも気を付けや!これ結構カロリーあるで。」

 と、注意されました。
 
 ご当地グルメの一つなんでしょうね。私も田舎者ですが、地元にいる居ないにかかわらず、ご当地ものって意外に覚えていないことに気づきます。地元では普通に食べていたものが、ほかの地区にはないとかっていうの、別に気にしたことないんですが、最近はそういう県民性がブームになっているようですが。
 ですがうまうまさん、田舎者ですけど「自慢できるうちの県」ってマイクを回されても、何を言ったらいいのかわからずじまいです。身近にありすぎてっていうより、ほんま、なんも無いのが本当だったりして?

 特産品は言えるけど。
 皆さんは自分の県に限らず、自分の地域の特色って、自慢できるものですか?

                      

 さて、3つ目の話題になりますが、一冊本を読みました。実は買ってきた当日に熱中して、そのまま読み切ってしまったので、結構前に読んだものですが。
 犬派の私でも、猫もまた同じくらい好きなんです。

 別に猫の話ではなくて、猫の登場する本なのです。物語ではなく、事実と言うかノンフィクションと言うか、こういうジャンルを何というのか分かりませんが、簡単に言えばエッセイ?随筆?でもなんか違うような気がしますが・・・。

 「いっしょにいるだけで」   森下 典子: 著  飛鳥新社


 50代、独身、母と二人暮らしの著者が描く、猫にまつわる『幸せ』の物語です。

 幸せの形・・・それは人それぞれで、幸せってものは相対的な価値なもので絶えず流動するもので、人によって大きさも感覚も考え方も違うもの。だから人の幸せの物語を読んでも共感出来ない人もいれば、同じ物語に心底共感出来たりする人もいる訳です。

 なんというか、幸せっていうのは自分が決めるものの一つで、自由・不自由とかといった感覚的な「存在」と似ているんですよね。形としてありもしないのに得るものだったり、得られるものだったり、求めるものだったりする存在で、掴めないのに「幸せをつかむ」というような表現のできるもの。(うーん、イマイチ表現が難しいけど)
 童話「青い鳥」のように、幸せは近くにあるといいたいのではなくて、幸せは遠くでも近くでもなく、自分の心が決めるものであり、得るものでも求めるものでもあり得、与えられるものでもあり狩るものでもありうる訳です。結局、その幸せがどこからどのように『幸せ』と感じたのかの過程によって表現が違うのかなぁ。…なんて言う事が話したいのではないんだけどもね・・・。

 物語と言っても、物語ではなく、著者の本物の生活の話なんですが、「いっしょにいるだけで」は、一匹の猫が、母親と二人暮らしをする著者の家の庭、父親の思い出の詰まった木の根元で出産するところから始まります。

「猫は嫌い」なんて言いながら、如何にかして欲しくて動物愛護センターに駆け込み、何とかしてくれと訴える母親が着ているTシャツが猫柄だったりする面白味は、実生活に根差しているからこそぷっと吹き出してしまう表現です。著者はもともと小説家ではなく、ライター。ルポやドキュメントを書いているフリーの物書きさんです。だからこそと言うのでしょうか、綴られる言葉に物語臭さがなく、色鮮やかな日常を日常の言葉として飾り気なくぽんぽん、とリズムよく繰り出してくるので、思わず引き込まれてしまう感はたっぷりです。

 家の庭で5匹の猫を出産した母猫。結局巣立ちまで面倒みる羽目になり、その後残った一匹と母猫を家族として迎え入れる著者の日常の物語です。
 ありきたりと言えばそうで、日本全国どこでもこうした暖かい物語は転がっているのですが、どう形にしてもきっとその家族にしかない猫との物語があるもので、どんな形ですら面白いというのが「出会い」の妙味です。異種間だからこそ、押して測るものの大きさに心打たれます。
 また、出てくる母猫のミミちゃんは、とても不思議な猫。拾ってきた動物と言うのは、飼い主に対してある種特別な感情を抱くとどこかで聞いた覚えがあります。勿論、傷つけられて捨てられた自分を温かく迎え入れてくれた里親の飼い主に対して、とても愛情・忠誠深くなるのは心情として理解できます。もしも人間だとしても、傷ついたときに優しくされた思い出と言うのは大切なもののはずです。

 人間と違うのは、動物であるが故の一本気、純粋さがそこにあるという事でしょう。

 本屋で手に取って、買おうかどうしようか迷っていた時、ぱらぱらとページをめくっていて目に留まった場面があります。

 子猫を生んだことを著者の母親に気付かれて、保護され、徐々に愛情を注がれて行く猫家族。その愛情に答えることはするものの、まだ野良猫としての警戒心を解いていなかったのか、ある日著者の母親が駆け回るようになった子猫がバラバラにならないように、猫たちのベッドの周りに作を取り付けたことに、母猫が大いなる抵抗を見せました。結局母猫の必死の様子に、ベッド柵の取り付けはやめになり、子猫たちはその後もベッドから好きなように這い出しては家の中を飛び回る生活。
 
 ある日、庭の方から母親の大きな声が響いて、見ると母の声の先に、子猫をくわえた母猫の姿が。

「どこへいくの!」

 猫に対して、怒鳴る母親。

「外で食べていくのは大変なんだよ!」

 どうやら、前日の出来事の後、親猫は子猫が閉じ込められると思い、家を出て行こうとしていた様子。それに対して著者の母親が、すごい剣幕で怒鳴りつけている。

 しかし、相手は猫。

「子供にも食べさせなきゃいけないんだよ。どうする気なの。」

「いいから黙ってうちにいなさい!」

 母はつよし。ではないけれど、50代の著者の母となれば、70は超えているはず。その時代の人は熱かったんだろうなと思う場面です。猫に対して、必死で世の中の厳しさを諭し、ちゃんと子供にご飯を食べさせ、大きくしていく苦労を母親である猫に諭す。
 同じ『母』だからこそ、この言葉で理解しあえる猫と人。

 その場で母猫はくわえていた子猫をぽとりと落とし、自分から家に戻ってきた。

 この場面で、私は何故か「この本、買おう。」と思えました。
 一つの幸せの形は、こうしてここにあるんだなと思えました。

 猫が来る前、著者が何気なく神社で祈った「幸せをください」。

 かくして、幸せはもたらされた。

 著者が生きている「命」に幸せを感じる感覚は、とてもよく分かります。多分動物を飼う人なら、誰でも分かるこの感覚。幸せだなーと言葉にすることこそないけれど、そこにいてごろんと横になった指先に当たる温もりの感覚。呼べば答える者が居る毎日。

 命は、命に癒される。
 命は、命を幸せにする。

 命は、つながっている。

 そういう事を改めて教えてくれる物語です。

 本当に、単純なようで、動物との出会いはとてもとても暖かいんですね。
 人と人との出会いがそうであるように。共鳴して、大きくなる。それってすごく素敵だなぁと思うのであります。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
熱闘甲子園!決勝!チアガール盗撮!?優勝!
甲子園がチアガールでパンチラに盗撮で、えーと、えーと・・・ ...続きを見る
甲子園 チアガール 盗撮 パンチラ
2011/08/17 23:40
【AKB】柏木由紀ダイナマイト偽おっぱい画像マジ流出【偽巨乳】
AKB48柏木由紀のダイナマイトおっぱいは作り物・・スピルバーグ監督もびっくり! ...続きを見る
AKB柏木由紀巨乳は偽物画像マジ流出!コ...
2011/08/17 23:45
【AKB】北原里英はみ出ている毛画像マジ流出【陰毛】
放送事故なんてレベルじゃねーAKB北原里英史上初マ○毛大公開! ...続きを見る
AKB北原里英のアソコの毛画像マジ流出!...
2011/08/18 00:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
一緒に居る。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる