〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活につきものの苦労。

<<   作成日時 : 2011/10/28 03:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 こんばんわん。

 いや、

 おはようさぎ?
 
 もうすぐ新聞が配られる時間。

                 

 こんな時間になってしもぉて、これからおやすみなさいです。とんぼ返りの帰省が終わって、ようやく近畿のマイルームへたどり着いたのが丑三つ時。高速道路を使わず、下道を走る事4時間、眠いながらも着きましたことです。

 高速道路1000円がなくなって厳しいのは私のお財布も同じ。わんこの療養費も積み重なっています。

 給料日、貰った給料の額と一か月の生活費やらなんやらを、電卓片手にシュミレーションするのが私の一か月の習慣ですが、今月は給料も少し減っていた(夜勤が少なかったので)うえ、わんこの緊急受診も重なり、財政逼迫。しかも、お琴の発表会があって、参加費やら着物のレンタルやらで万単位が平気で飛ぶ予定になっている。

 どう計算しても、一か月の生活費が40000円になってしまう!!!!!!

 食費だけなら楽勝でおつりがくるけど、毎月何かしらで予備費が必要。

 生活するって、食費だけじゃないって分かる!?
 兎に角とにかく、今月は本気に倹約にかからなければ!!!!

 ついこの間、とある方から

「看護師さんと言っても、そんなに貰ってるわけじゃ無いんじゃない?」

 と嬉しい一言が。
 看護師と言えば、大概高給取りでとおっているものです。確かにそこら辺のおふぃすれでいと言われる、事務職の人たちよりは、夜勤をしている分は多分多いでしょう。シングルマザーが多いのも、食べて行けるだけの給料をもらえるからです。

 けれども、看護師さんで

「私ってたくさん給料もらってて、看護師になってよかったわぁ!」

 と言える人は少ないと思う。いや、きっと皆無。
 いたら、マリア様の如く慈悲深い人。この世の人ではないかも。

 何故なら、




 夜勤をしているから!!!!!



 仕事が半端なく重いから!!!!!



 3K飛び越し、たぶん9Kだから!!!!!




 です。つまり、仕事内容と給料は比例していないという事。比例するなら、医者は天文学的数字になりそう。
 仕事が忙しいって、多分誰でも言葉にすることがあると思いますが、看護師さんが笑いながら

「今日忙しくって〜〜〜」

 と言うなら、それは地獄のように忙しい事なのですよ、皆様。自分の能力が足らずに忙しいのと、本当に大変なことが次々起こって忙しいのと、看護師さんの場合はそのどちらも地獄を見ます。能力が足らない場合の忙しさは、プラスして周りの白く冷たい視線と共に、時折嫌みか罵倒が付いてきますので、それはそれは想像を絶するものです。
 能力ぎりぎり、もう一押しであふれそうっていう忙しさもまた、看護師自身の死線をさまよう事然り。

 看護師のやりがいとか達成感って、自分の能力の限界を100としたら、80%位で完璧な仕事が出来た時と言えるかな。まぁこれはどの仕事も同じだけど。

 看護師の場合、100パーセントで仕事をすると、大概見落としがあるものです。自分が100パーセントの仕事をしたと思っても、そのうち20パーセントくらいは他人の目や先輩後輩、医師やコメディカルなどのスタッフにフォローしてもらっているところが大きいのです。つまりは、チーム医療ってことさぁね。

 真実自分の能力の80パーセントで仕事をした場合、20パーセントで誰かのフォローも出来るし、余裕のある20パーセント部分が笑顔になり、思いやりになり、看護の心となるのです。(←最後はなんだか「ん?」だけども?)

 ところが救急外来の看護師さんって特殊なもので、CPA患者さんに全力投球するのが大好き。勿論、当たり前のようにそうするのが普通なんだけども、全力投球、一球入魂で向かって言っても、多分二人三人と、次から次にCPA患者さんが運ばれてきても、うふふ♪あはは♪と全力投球する人たちなのです。
 仕事が終わったら、その余韻のアドレナリンを堪能しながら振り返り会を兼ねて暴飲暴食するのが常。

 何故か。

 緊迫したやり取りが好きなんだろうな、多分。チームでわわっと監督を胴上げする、あの時の感覚かな。

 常に何人かの患者さんを抱えている外来で、たった一人にのめりこめる、それも命そのものと向き合えるというのは、ある意味とても大切で貴重な体験。だからこそ、その緊迫した場所に行きたいと思うし、ある意味神聖な部分に触れたいと思うのかも。

 だからというわけではなく、救急外来の看護師さんは、全くもって元気です。フットワークは軽いし、口は悪いし性格は曲がってるし、平気で患者さんを叱ったり嫌みを言ったりもするけど、どんな時も結構あっけらかんと接してくれる、いわば

「見てたら悩んでいるのが馬鹿らしくなった。」

 と言われるような人たちです。
 さばさばしていると言うか、看護師の世界は女の世界と言うけれど、どちらかと言えば職人世界かな。実力の世界ともいうし、個人よりもチームワークの世界。自分がへこたれると皆がおかしくなるっていうのをちゃんとわかってる人たちだからこそ、いつも元気で悩みなさそうに笑ってるのかも。

 まぁ、救命救急が好きっていう人は、大抵心肺停止の患者さんが好き。(←表現は悪いけど。)
 命が大好きです。

 安らかで安寧な死を考えるよりも、今ここで死んでいい命かどうかを考えるよりも、理屈抜きでまず体が「助けなきゃ!」と反応してしまう人たち。
 一歩下がってみながら、私なんかはまだまだ救急ナースとは言えない人間なので、「こんなにまでして生きなきゃいけないのかなぁ。」と思ってしまう。安らかにこのまま逝かせてあげることも・・・なんて考えてしまう。まぁもっとも、多分どうしても助からないだろう上にどんどん見た目が酷くなる場合っていう条件付きだけども。

 もともとあまり命を追わないタイプの看護師なので、救急にいることは不自然なのかもしれないけど、助けるなら社会復帰まで考えて助けてあげたいと、私は思うのです。

 いやまぁ、そんなこんなで看護師さんは、忙しく働いているのです。
 で、その忙しさにお給料がついてきていない気がするのであります。

 看護師は高給取り

 と言うなら、





 やってみろ、看護師!




 と思うのであります。
 どの仕事も同じなんだろうけどねぇ…。

 以前、某医師は、病院が変わった時に給料の話をしたら、

「こんなに貰っていいのかなぁって位貰ってる。」

 と言っていた。
 この言葉の真意は何ぞや!?と思いつつ、反射的に頭の中で計算機がぴこぴこ動いていた、当時のうまうまさんです。




 一か月うまうまさんが元気に乗り切るために、励ましのポチを!!!!
 因みに、ブログ村のバナーは本文に入っていないので、携帯で見ている人には表示されないんだよねぇ・・・・

   

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
生活につきものの苦労。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる