〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 贅沢の裏の哲学。

<<   作成日時 : 2011/11/11 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 摩訶不思議、ブログ村。ナースのお仕事オンリーの話なのに、何故か「犬 闘病生活」の注目記事にのっかってしまう。

 まぁ、機械が選別しているんだから仕方ないんだろうけど。

 わんこ目的で訪問してくれた方には、きっとつまんないブログだろうなぁ…

                  

 今月、わたくし生活のピンチです

 わんこさんにお金がかかったというのもあるんだけど、あれもこれもと色んなところで色んな事柄が起きてしまい、それぞれにお金が必要でもともと一か月ぎりぎり逼迫していた予想で、それを踏襲している感じです。

 んでもって、世の中ニュースでは「生活保護受給者過去最高」とか言われてるし、東京では木造アパートが焼けて生活保護の方の在り方ってのがクローズアップされてくるし、直接どうのとは言えないけれど、

「あぁ、これって私の最後みたいなもんだよなぁ。」

 としみじみ思いつつ、生活保護の在り方を考えさせられ(医療現場ではしみじみ感じるものなのですよ、生活保護とか身寄りなしとか)、その片方、さまざまな助成金を得んが為に、悪巧みをしたりちょっとした工夫やコツをして働かずしてそれなりのお金を得る人たち、そしてその方たちの在り方なんかを目の当たりにして、必要なところに必要なものが届かない、ある意味「サバイバル」な世の中になったなぁと殺伐と考える毎日。

 医療現場にいると、性格は悪くなるし世間を見ちゃうし、人間の嫌なところを目撃することの方が多いし、仕事はつらいししんどいし、人から恨まれるし、いい事ない!!!!とたまに思ってしまうのであります。

 で、生活費の困窮は問題ではあるんだけども、ふと思い立って立ち寄ったショッピングモールで、ついつい贅沢で買ってしまったドーナッツ。
 甘いものが大好きだけども、転職してから贅沢としか思えず、なかなか手が出ないものですが、大概困ってる時に衝動買いしてしまうものです。

画像


 今スヌーピーとのコラボ中のドーナツ屋さん。

 何気なーくドーナツを食べながら可愛らしい紙袋を眺めていると、

「Happiness is ・・・」

 の文字。

 isの後が点々なのは、意味があっての事なのかな。ドーナツ屋さんだから、ドーナツとか書かないのかな、とか考えつつも、ドーナツ屋さんの紙袋にしては奥が深いなぁと思った次第です。

 そもそも、休日に一人でいることが多い私。と言っても一人暮らしなので大概の時間一人です。仕事の後の時間であれば、しこたま仕事して動いてしゃべっての後なのでそうは感じないけれど、休日に一人という事、どういう事か想像つきます?

 まぁ、気楽でいいとか、ゆっくり読書とか、趣味の時間とか、子供が居る人ならたまには一人の時間が欲しいとか、独身のいいところだとか、最高の時間じゃないとかいう人はいるでしょうが、孤独がホンマに好きで好きでたまらない、という人は意外と少ないものです。

 休日一人でいるという事は、

「一日誰ともしゃべらない」

 という事であり、

「一日笑わない」

 ということの象徴であったりします。

 お子さんが居たり、家庭があったり家族が居たりしての「一人の時間」と言うのは、バックグラウンドがあるので先も見えているし、そんなに長い時間ではないわけですよね。

 一人暮らしって結局はそういう事なんだけども、一人なんですよ。
 永遠に。

 別にだからと言って彼氏が欲しいとか結婚したいという希望が強いのではなく、こういう時間に誰かが傍にいたらもっと面倒だから一人がいいなと思う方が強いし(もう恋愛はいいや…と思う位、最近はついてない)。
 だけども、一人でいると笑ってないな、話してないな、というのがとても気にかかる。

 それは思うに、自分が生きている感覚がないから。

 なんだろうなと思うのです。
 誰からも気にかけられることもなく、誰からも必要とされず、ただそこに生きている。

 元気に動けて仕事をして、社会生活を苦も無く送っている私なのに、生きている感覚がまるでない。一人でいる時間、誰かから必要とされている感覚がなく、思い出す誰もいない。

 わたしって、何が楽しくて生きているの?

 じゃあ私は、何がしたくて、何を求めていて、私の幸せって何だろう? 

 という訳で、冒頭に戻るのです。

「Happiness is ・・・」

 深いなぁと。

 自分自身も分からないのに、自分の幸せってなんだろう?とね。
 毎日笑っていれば、毎日誰かと話して居れば幸せか?
 そんな簡単な事ではないのは確か。

 人間は、誰かに必要とされたいのです。

 どんなになっても、ある意味必要とされるから生きていけるものです。

 では、私を必要としてくれている人って誰だろう?なんだろう?と思うのです。

 私が寄りかかれる人、寄りかかれるものは何だろうって思うのです。

 私を必要としてくれている人が居ないうえ、私が寄りかかれる人も誰もいないという現実に気づく時、あぁ、頭が痛い…となる訳です。

 いえ、これって極端な話ですけどね。

 こういう話の時、たいていの人は上辺だけで「まぁ、私が居るじゃない。」とかいう訳です。「そんなことないよ。」とか、「今は見つからないけど、必要があって生きるののは確かよ。」とか。

 まぁ、私だってそういうと思います。直面している人間としてもっと厳しい言い方はするかもしれませんがね。答えなんてない問いかけだから、何を言われたって正解ではないし、多分何を言われたって納得しないのですよ。見えないものだし、価値観の問題なのでね。
 だけれども、問いかけてしまう訳です。

 こう思うんだけど、どう思う?とね。



 一人で過ごす休日は、車を運転しながらそういう事をぐるぐる考えている私です。
 自分の存在意義を知りたくて色々じたばたしていたはずなのに、じたばたしてもじたばたしても、同じ深みにはまって動けなくなるのは、成長してないってことなんだろうけど。

 そしたら、立ち寄った本屋で

『大殺界』

 とか言われて、がびーーーーん。

 縋れるものも無くなったし。

 不安なく過ごしたいものだと思う毎日。一日一日、色んな『不安』に取りつかれて生きている。
 頭を真っ白にして、思いっきり笑って思いっきり馬鹿騒ぎしてはしゃいで、思いっきり愚痴ってしゃべって、思いっきり食べてみたいものだ。

 身寄りのない人、生活が立ち行かなくてぼろぼろの人、行き倒れの身元不明者・・・医療現場で無かったら、医療従事者でなかったら、きっと現実が見たく無くて逃げていたと思うけど、看護しながらいつも思う。

 一歩間違えれば、この人は私・・・

 間違え無くても、私の行く先はここなのか・・・

 

 切実。



 夜の夜中、こんなことを書いている私は、休日なのですよ。

        


 うまうまさんより、提議。

「Happiness is ○○」

 この○○に入る言葉は、なぁに?
 



  アぁっ!!!!!そんなことより、出張報告書書かなきゃ!!!!!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
贅沢の裏の哲学。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる