〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 日曜日です、実は。

<<   作成日時 : 2011/12/11 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 休みの日、近くのイオンに買い物に行きましたうまうまさん。
 ちょうどマフラーが欲しかったのと、プチ断舎離をしたら着るスカートがほぼ無くなったので、もしもやっすーいので気に入ったのがあればいいなぁと思って出かけたのでした。
 
 殆ど通販かユニクロか無印かって感じで服を買ってしまう私。ぶらぶらしながらお店をのぞいて選ぶって事なんか一人ではほとんど全くなく、ホンマにぶらぶらのーんびりって感じで見ていたら、マキシ丈のシャツワンピース見たいなのがあって。

 因みにいうけど、そこの店はめちゃ若者って感じでもなく、カントリー風な結構ネイチャー志向の感じのお店で、私のほかにも30代後半の人とか(見た目ね。)おったんよ。じゃけぇ私も普通にはいれたっていうのもあるんだけど。

 マキシ丈のスカートって、チビ系の私には苦手だし、上手く着れないし、高い靴を履く訳でもないので本当だったら倦厭しているはずなんだけど、チェック柄が可愛くて何気にワンピ見て裏地とかサイズとか確認していたら、

「可愛いでしょ〜。」

 とか言いながら店員さんがやってきて。そうですね〜とか言いながらあしらっていたら、

「マキシ丈で人気ですよ。」

 とかなんとかね。私としてはちょっとやっぱりスカートでなくてワンピだったので長さがどうにもならないかなぁとか思いながら

「チビだからマキシはやっぱりね・・・」

 と濁したら、





「お子さんにですね。身長いくらくらいですか?」





 断定的に言われ、思わず

「私と同じくらいか、少しチビなんですよ

 なんて濁して帰ってきた。

       



 買い物する気、無くなった。

                 

 見た目、確かに私は老けているので子供が居るように見えるらしい。
 働いていても結構患者さんからそう見られるし。

 こんな独居老人孤独死ロード爆走中の私が、温かい家庭持ちの子持ちに見えるのは何故?

 土曜日、仕事をしていたら、やっぱり生活保護で心を病んだ老人が不定愁訴で沢山やってきていて、余りにも忙しいうえにもう人格とか存在とか滅多切りにされながら、しかも人生2番目くらいに忙しくて本気で仕事しながら泣き出すかと思ったくらいの半端なさで、日直をしていた看護管理の上司に泣き付いては跳ね返されながら仕事をしていたら、本当に精神的に追い込まれて、

「んー、ちょっとこの患者さんねぇ…・」

 と言いながらカルテとにらめっこする研修医に向かい、8割がたマジで

「私もこうなるんかなぁ!!!!????? なぁ、私もこの道まっしぐらかなぁ!!!???? 世間に『何だ?』と思われながら、一人孤独に病院に通って、身寄りもなく死んでいくんかなぁ!!!???? なぁ、どう思う!? 私もこっち側の人間よなぁ!?」

 と叫んでいた。

 顔も口調も真剣だったらしい。

 20代前半の研修医は苦笑いで、でもかなりドン引きだった。

 傍にいた先輩が

「アンタまたそんなこと考えて!!!」
 
 と、いつも文句を聞いてくれているので、慌てて正気に戻してもらった。
 
 昨日の私は、本当に壊れていた。

 昼3時を過ぎ、既にスタッフエネルギー切れ。
 この時点で休憩もご飯もとれずのスタッフ半分以上。
 私はお昼ご飯を16時に食べた。食べ終わったら、夜勤が来た。

 午前中からの鬱積により、

「私もう仕事辞める――――!!!!!!」

 と叫んでいた。
 マジで仕事場に響いた。
 数人、振り向いた。

 即答で

「僕も!」

 と叫んだ研修医一人。

「な、先生!無医村に行って開業して、のんびり往診しよぅや!お願い!!!」

「またアンタはそんなこと!!!!!」

 再び、先輩登場。

「えぇがーーー!!!!」

「じゃ、無人島で開業しましょう。人が居なくていいですよ。」






 遊ばれてる?





                  

 とまぁ、こんな一日。

 昨日は本当に、机をひっくり返すかと思った。
 
 他人と言う存在、看護師と言う存在、看護師であるその人と言う存在、私と言う人間、私と言う個性、ありとあらゆるものの根本を、人は簡単に蹴倒して踏みつけて行けるものなのだと知った。いや、そういう人がゴロゴロ世の中にいて、人はそういう風に先に進んでいくものなのだと改めて知った。

 私はずーっと、そういう風にはなりたくなくて生きてきたつもり(?中には色々あっただろうけど)だけど、相手は自分の為にいるのだと思う人、自分の決めた世界を心地よくして居ない人に対して認めない人・・・「私」を認めない世界なんて、認めてくれる世界よりも多いのだと気づく。

 自分は、私は・・・そう思っている間は答えは出ないと教えてもらったけれど、他にどう考えればいいのか分からない理不尽さとか矛盾とかにぶつかった上に最大の忙しさがめぐり、もう精神的に可笑しかったです、昨日の私。

 夜勤に引き継いだ後に出てくる色々もとにかく面倒くさくて投げやりになってた。

 あぁ、いけんいけん。こんなんじゃいけんな。



 ・・・・美味しいもの食べたいなぁ。



  





 と、終わる、一日。
 今日はこれから夜勤です。

 おやすみなさい。
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日曜日です、実は。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる