〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 日常のコマ送り

<<   作成日時 : 2012/01/23 23:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 またまたご無沙汰しています、うまうまです。関東の方は珍しく雪が積もっているようで、ニュース番組の冒頭は雪中継となっていました。北海道にいた時期があるので、雪って言ってもそうそうは凄いなーとは感じないけど、首都圏では雪が降るとニュースになる日本、平和だなぁと思うのであります。

 こちら近畿もけっこう寒くなっているようで、窓の結露とか玄関の湿り具合が凄いです。家の中で布団にくるまっていると、集合住宅では暖房をつけなくっても結構過ごせるものです。ただし、もこもこ靴下は必須。必須必須―――!!!!!

 風も引かずに頑張っている(←何を?)うまうまさんでありました。

 首都圏でも寒くなっている昨今、被災地ではもっと凄いことになっていて、雪の季節なんでしょうね…。本当、東北って想像もつかないほど行ったことがないので、どれ程のものか分からないので現実ですが。
 私がとっている新聞の月曜日には、必ず俳句・歌壇が載ります。私はこのコーナーが意外と好きで、月曜日はここから見るのが定番です。載っているのが選ばれたものだからいい作品ってことになるんでしょうが、ホンマにみなさん凄い歌を詠んでいます。凄いなと思いつつ、日本のいい伝統だなと思ったり。5.7.5.7.7、それだけの言葉に気持ちを乗せて相手に送っていた時代、それはそれは豊かな時代だったのだろうなと感じたりしたり・・・。

 今日付のコーナーに、被災地を詠んだものがありました。毎回幾作品かは震災を詠んだものが入っていますが、その視点には毎回「あぁ、そうだな、そんな風だな。」と、目に浮かぶようなものが多いです。

 今日目についたのが、建物の窓ガラスが割れて、そこにかかっていたカーテンが風に揺れる風を詠んだ歌です。

 もの悲しさ、その光景、それを眺める人の心・・・・忙しくバタバタしていた時には何とも感じられなかった光景が、今は様々な思いを寄せては返す波になる。あれを思い、これを思い、人の心のひだを震わせるのです。
 美しいものを見て感性を養うと言いますが、美しいものを美しいと感じるように、周りのどんな風景にも感情を響かせることが出来る豊かな感性と言うのは、アーティスティックに凄いというだけでなく、人の強さにも通じるものがあるんだろうなと感じたりする毎日です。

                     

 そんな私の毎日・・・

 この間の夜勤明け、日勤への申し送りが終わって仕事がひと段落したので、パソコンで入力仕事をしていたのです。それを覗き込んでいた後輩の後ろから、何故か救急医が興味深そうにその後輩をじろじろ眺めて、顔を覗き込んでいるのです。

 後輩もその視線から逃げるように、恥ずかしそうにうつむきながら、それでもニヤニヤしているのです。

「何なんですか、先生・・・」

 その行動がいやにエロおやじっぽく、『なんなのこいつ!?』と思るような行動だったので、ちょっと嫌味臭く突っ込んでみたら、

「いやぁ、そのまつ毛が気になってねぇ。」





 は?




「そーなんですよ、先生、この間から凄い覗きこむんです。」

 後輩もこれが初めてではないようで、言い返します。

「そのまつ毛、一体どうやってそうなってるの? くっつけてるの?」






 は?





「自分のまつ毛にくっつけてるんですよ。」

「ふぅーん。」

「何ですか?興味あるんですか?」

「うん、あるよ。いやぁ凄いもんだなぁと思って。」




 この後輩、数週間前からまつ毛のエクステをしていて、もともとつぶらな瞳だったのが一夜明けて突然ゴージャスばさばさ目元になっていたので、私自身も面喰ってはいたのですが、オヤジ医師にはそれが『不思議』と映った様子。

「まぁ先生(←この言い方がおばチャンっぽい…) 、スタッフのそういうところまでチェックしてるんですか!?」

 って、チェックするもしないもみんな目を引くぐらい凄い状態だったので、ある意味突っ込んでくれた方が楽っていう状態ではあったんだけども・・・・。
 オンナノコとして、「何アンタ、それ!?」とは言えずじまいで、私もドン引きしたけど何とか食らいついた。・・・とまぁ、最近のエクステって異常に顔が変わる位一気にバージョンアップを狙ってくるのが怖い。

「そりゃ、僕はスタッフが髪を切ったのでも気づくし、ちゃんとチェック入れてるよー。」

「・・・・私、入れてもらってないけど?」

「・・・・・・・・・変わってないもん。」

「・・・・・・・・・・・ふぅん・・・」

「僕はね、妻が髪型を変えたのも気づくよ!!!!」







「当然です。






 通りすがりに会話を耳にした、結婚している後輩、即答。

               

 という訳で、最近目力の凄いエクステ祭りがどんちゃん開かれています。周りのスタッフの目が、どんどんまつ毛に埋もれていくのを、




 ほぇ〜〜〜〜〜 





 とみているうまうまさんに、『綺麗になれよ!』のエールを下さい。

                    

 きれい、というつながりではないのですが、病院にいるといろんな年代の人と出会う機会があります。スタッフだけではなく、患者さんも。

 その中には、とてもとても○代とは思えない凄く若々しい方もいれば、その逆もしかり。

 今日の夜勤では、60代のおば様と、70代のおば様の見た目が逆でした。女性の美しさって、何というか頑張りとか内面の輝きとか色んな言い方で分けられるけど、何というか自分の人生とか生活とか容姿とか、全てを受けて入れて明るく生きている人は綺麗なものなのだと思いました。
 そういう方はもちろん友達も多いし、家族との縁も深い。

 男性の場合はまた難しいんだけどね。奥さんのどれだけ依存しているか、っていうところがカギになるし。

 女性の美しさって、華やかさとかきれいさとか、美人だとか可愛いだとか、結局は見た目ってことになるのが大きいんだろうけど、年輪っていう美しさもあるんだと思いますし、考え方とか生き方とか生きてきた道のりだとか、価値観だとか・・・本当に一人の人間として立ちえているかどうか何だろうなと思います。

 体は衰えても、気持ちは生涯フレッシュですからね。それは病気でも認知でも変わらないもの。

 美しく生きるって、大事だな。
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日常のコマ送り 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる