〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 桜は肴。

<<   作成日時 : 2012/04/16 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 週刊うまうま・・・・になりつつある、まさしく週末開催の競馬のよう・・・。

 古い話ですが、今年の桜花賞の私の本命は、アイムユアーズ。3着おめでとーーー!!!!樫の女王へ頑張ってほしいものです。が、なんとなくお顔を見ていると、オークスは長いかも?とか思ったりしとります。まぁ、知ったばかりの馬なのでどう変わってくれるかはわからないけど。

 久々競馬を見て出勤して仕事をしていたら、患者さんの情報シートの「続柄」って項目の「妻」をひらがなで書いてる人が多く、「うま」にみえて仕方なかったうまうまさんです。

 お久しぶりです。

 さて、別にバタバタいていたわけではなく、お琴の練習なんぞで瀬戸内と近畿を行ったり来たりしていたので、実質的な自由時間が少なかったのであります。

 実家で暮らす病気もちのわんこさん、実は3月から一か月しないうちに1キロ近くも体重が減り、ブラッシングをしていたりするとごつごつと背骨にブラシが当たって痛そうになってきてしまいました。
 現在体重12キロ台。これは何と言うか、1歳以前の体重。本人はいたって元気で、体重が軽くなった分いくらかアクティブになり、今まで届かなかったテープルの上のご飯にも少し届いてしまい、夕飯のエビフライを盗まれたりしているようなので厳重要警戒中なのであります。

 脂肪厳禁で、夏以降油らしい油を取っていないわんことしては、エビフライを食べただなんて、こっちとしては卒倒ものです。親もちょいとショックだったらしく、その後実家に帰省すると、テーブルの真ん中におかずが凝集され、食べ物が遠いといった環境におかれています。
 ご飯時は、戦争状態。

 そのわんこさん、本人自体はほんまに元気で、すっきり痩せて(病気だからなんだろうけど)なんだか形のよいコーギーになってきてしまいました。栄養が少ないので毛のパサつきが私は気になる処だけれど、それはシニアでもあるし仕方ないかなと考えるしかなく。
 体重減少の訳には、フードが変わったせいもあるんです。以前書いたように、本人の嫌いなヒルズの、しかも糖尿病食みたいなリアル療養食になってしまい、人生最大のハンストに突入していたわけでして。だからと言ってそれが全部体重減少の原因ではないんだろうけど。

 先生に食べない事も相談したみたいだけども、また経過観察中です。
 仕方ないので、脂肪分の少ないわんこ用ふりかけを買い、それをまぶしながらなんとか与えているのですが、給餌量の半分食べればいい方で、我が犬ながら見事に、カリカリフードをよけながらふりかけだけを舐めとります。テンションあげあげ作戦で一粒ずつ手から上げても、口に入れてはペッと横に吐き出し、つぎを貰い、吐き出し、つぎを貰い、を繰り返す始末。ときどき以前のフードを混ぜてやると、見事にそれだけは嬉しそうに飲み込みます。
 こんなに自分ちの犬がグルメ(?)だったとは・・・・。

 ほとほと手を焼いていた最近。それではと、フードをふやかしてみました。ドライフードをふやかしてあげる方法は、パビーの頃のフード慣れのためにやったりもしますが、最近ではドライフードをふやかす際、気を付けて全部きちんとふやかさないと、食べた後にお腹の中でガスが発生し、危険なことにもなるそうです。実際うちのわんこも、食べた後に盛大なゲップをすることがあるので、少なからずふやけなかったフードによるガスでお腹が膨れているのは事実のよう。

 ドライフードは熱湯でしかふやかすことが出来ないので、熱湯につけてしばらく待ち、かき混ぜ、しばらく待ち、全部ふやけら冷まし待ち。さめたらふりかけを入れてかき混ぜ、出来上がり。
 まぜこぜしている間にも、ドッグフード特有の何だか変な臭い。(←変と言うか、食欲をそそる臭いではないのは確か。)




 はいどーぞ。




 で、





 完食。





 あれ?




 という感じで。
 食べちゃいましたよ、全部。しかも一回も顔を上げることなく。
 



 何が違うの? いつもハンストしていたあのフードなのに!?
 歯が痛いわけでもなさそうだし、ふりかけを沢山いれたわけでもないし。



 危険を冒してまでふやかしたかいありです。
 が、何ともあっけなかった・・・。

              

 という訳ですが、ふやかしフードはそうそう登場することではなく、やはり家族がずーっと家にいて状況を観察できるときにしか上げられないわけで、必然みんな仕事に行く朝は無理なのです。私が帰省した時にせっせせっせと作っては与える程度になりそうです。
 わんこの体重減少は、色んな原因が絡まっていることなので、食べれば元に戻るというものではないんだろうけど、体重を増やすための食べ物も制限があるので、何とも切ない現状です。

 お薬もブレドニン2錠/日で減量なく、これでなんとか2.6をキープしている状態。寛解しているとは言い難いなと言うのが私の印象です。徐々に住んでいるのは確かなのかな・・・。
 にしても、それを彷彿とさせないわんこの元気っぷりが不思議。

 次の受診日は、今週末の私の誕生日。
 どうかいい結果が出ますように!!!!!

                     ♪

 わんこは一進一退と言うか、外身と中身が正比例というか、何とも難しい現状ではあるんだけども、他のうまうまさんの生活ってものは全く色も代わりも無くて(^^;) 元気してます。あ、誰も気にしてないか。

 母親から

「あんたは近畿に行ってから、風邪をひかんようになったね。」

 といわれ、(でも一回2日だけ呻って寝込んだことはある。)

「一人暮らしで病気したら、何かしてくれる人も誰もおらんのんよ!!!! 病気できんわ。」

 と言い返したくらい、元気ではあります。気分の浮き沈みは激しいし、イラッとくることは多大に増えたけれど。
 あぁ、私のこのお肉をわんこにあげたい・・・。

 で、この時期はやっぱり花見客の暴動に私達は辟易しているのであります。桜の開花が少し遅かったうえ、長い事花見を語っていろいろ遊んでいる人たちが多いのか、春を肴に飲む人が多くなったのか、アルコール関係の事故や怪我や救急搬送がとにかく多いです。いつもお酒から絡む時期にはこういう事を書いているような気がするけれど、普段飲まない人が飲むのもやっぱり時期的なものがある訳でしてね。

 しかも、お酒を飲んで自転車に乗るって、法律違反だって、みんな知ってるのかしら?自転車も車両である以上、飲酒して乗っていたら違反なのですよ!!!! 

 お酒を飲めない私としては好き放題に言えるんだけど、飲酒後の事故と言うのは、判断力も鈍っているし、身体の反射も鈍っているので、事故が大きくなりやすいのです。事故自体ではなく、怪我が大きくなりやすいという方があってるかな。普段だと防御反応が出たり、受け身をとったりできることも、反応が鈍くなっているのでそういう事が出来ず、もろに怪我になってしまう。そしてその怪我が大きくなるのです。
 つまり、ただこけたというのであっても、反応がいいときにこけた場合はかすり傷で済むようなものでも、防御反応が鈍っている飲酒後は、もろにこけてもろにぶつけるので、頭の場合最悪脳出血まで起こりえます。ってか、飲酒ってだけでそこを危惧した方がいい。

 人間には危険に対する『反応』が備わっています。年をとればその反応が鈍くなって、高齢者の方がけがの具合が大きくなる、というのはご存じでしょうが、同じことが飲酒の時にもあるのです。飲酒をすればそれだけ班のが鈍くなる。それは高齢者に限ったことではなく、若者もそう。若者の方が酔った勢いで何をするか分からないのでたちが悪いかも。
 
 京都での事故の報道も盛んですが、危険に対して反応できるという能力がある以上、それが無くなってしまうときと言うのも確実にあるのです。人は全ての能力が当たり前にあるように、消失しないものだと思っているのかもしれませんが、持っているものである以上、なくなってしまうとき、作動しなくなる時と言うのがあるのです。
 自分の体の能力が全てであるとは限りません。何からの状況下では全く有意にならないこともあり、自らその能力を減退させている行動をしていることもあるのです。
 京都の事故の話では、てんかんという病気によるものだと言われています。てんかんという病気は、日ごろからのコントロールが大事なので、発作が起きる時は起きてしまい、自らの意思で止めることはできません。

 その反面、飲酒というのは自らの意志で行い、自らの意思でコントロールし得るものであります。飲酒がいけないわけではなく、その後の行動次第という事になりますね。適量の飲酒が健康維持に役立つことも昔から言われているので、たばこ程百害のものではないのですが、矢張り飲まれてはダメだという事なんですよね。

 んでもって、路上などで事故をすると、警察沙汰ですので、自分が怪我をする、相手も嫌な思いをする、警察にはお世話になる、迷惑かける、病院にかかる、救急車つかう・・まぁいろいろ方々へ余波があるという事なんですわ。
 事故処理の警察はものすごー――ーく態度悪かった―――!!!!!(←病院で患者さんについての対応をしたので。自分の事ではない。) 上から目線で一方的で、最悪だった―――!!!!

 と、今日の愚痴(?)はここまでで。

 気付いたら今日は日曜日という事でした。
 てっきり週末気分だったけど、始まりだったのですね。

 夜のオンナ、うまうまでした。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドライフードのふやかし方でそんなリスクがあるのは知りませんでした(汗)
熱湯だとビタミン類などの損失が心配で、私はぬるま湯に浸けてしばらく放置しています。水が足りないと芯が固く残りますので十分量の温水を加えると、芯まで柔らかくなるので大丈夫かなと思っていますがだめでしょうか。ヒルズの消化器用は普通の市販のフードよりふやけやすいような印象で5〜10分もおけば中心までふっくらふわふわです。他のシリーズは違うのかな?
ドッグフードはドライの方が歯にとっては良いとか聞きますが、うちの子はどのみちカリカリは噛まずに丸のみですので、歯垢除去は期待できませんし…。それに、お水も結構飲んでるのにホントそのまま口からお尻までただ通過してきたんでは?と思うようなつぶつぶウンチ君が出てくるので、おやつやご褒美の他はもっぱらふやかして与えてますね。どこかのサイトでふやかした方が胃腸には優しいと書いてあったので、そんな危険がひそんでいるとは思ってもみず、これからは気を付けようと思います。
わんこちゃん、食欲が出て体重減少も止まりますように!!!&アルブミンアップしますように!!!
snow
2012/04/17 00:45
 カリカリフードのふやかし方は色々定説がありますよね。私はどこかでこれを聞いたのが気になっているだけなんです。
 しっかりふやかしていれば全く大丈夫だと思います。うちの犬は食べ終わって盛大にゲップをすることがあるので、もしかしてって思う事もありますけど。これって、飼い主の怠惰なだけなんでしょぅけど。
 ヒルズのフードは、私的にあまりしっかりふやけない気がするんですが、そうでもないんですね。芯が残った感じでいつまでもあって。ユーカヌバのフードは結構きっちりふやけていた気がするのです。昔の記憶なので都合よくなっているのかな。
 わんこにご飯あげるだけなのに、色々気を使いますね(^^;)
うまうま
2012/04/18 10:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
桜は肴。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる