〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS あけて良かった、ゴールデンなウィーク

<<   作成日時 : 2012/05/08 20:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 忘れられてしまいそうなほど、ブログ放置してました―――!!!!!
 誰も楽しみにしてないだろうけど、ごめんなさ――――い!!!!

 とりあえず神様に怠惰を謝っておこう!!!!

 すんまそん。

                   

 以前誰かから、

「日本人は『すいません』とはよく言うけど、『ありがとう』とはあまり言わない。」

 と聞いた事があります。近畿の友達だったかな。だからその友達は「ありがとう」を連発します。それが巡り巡って自分にも帰ってくるだろうし、してほしい事はこっちからすべきじゃない?というご意見。ごもっともごもっとも。

 だけれど1R4畳以下の狭小住宅と化している私の心。
 してほしい事を誰もしてくれないのに自分が出来るかっ!!!!

 といういけない心の持ち主になってしまいました。あぁ、こんな情けない私ではなかったのに!!!・・・・ほんとか?
 それこそ、全てを一度自分の中でリセットして、自分の中で受け止めて、自分から一歩が始められるようにすればいいんだろうけど、鶏が先か卵が先化の話になってしまうんです。つまり、自分が損している気分になってばかりいて、自分が損している気分になるっていう事は、逆に言えば『得したい』思っている事なんですよね。全ての出来事に見返りを求めているようなもので、これじゃダメだなぁといつも思う。
 いつもそうして自分を客観的に戒めているんだけども、疲れや忙しさやのなかで少しずつたまる「カチーン」とする瞬間、それがもう100倍にも1000倍にもなるんですよね。言い訳じゃないけど、余裕がなくなってる自分に気づく。気付いているんだけども、そんな自分が止められない。

「優しいうまうまさん」

 になりたーーーーい!!!!!
 すでに正体を知られている職場の先生とは、いつも毒舌冗談で言いあっています。これが結構息抜きかも。先生曰く、

「意外に凄い言うよね。さらっと酷い事。」

 らしい。んでも、そう気づいてくれている先生にだけよ♪
 この先生とは、「戦友」のような感じです。

                     

 さてはて、疲れ切っているここ最近のうまうまさんのGWは、勿論仕事でした。忙しかった〜〜。この変な天気のせいか、体調を崩す人が子供でも大人でも多いこと多いこと!! もう笑うしかないほど忙しかった。笑って壊れるくらい忙しかった。全て投げ出して卓袱台ひっくり返したいほど忙しかった。毎日行き倒れている位忙しかった。
 はい、そんなGW。ある意味とてもゴールデンなウィーク。
 絶品ゴールデンなウィーク。

 そんなに忙しいさなかに、親が旅行に出かけるというので、わんこの世話をしに一日だけ実家に帰っていたのですが、一日わんこと布団でもふもふ寝ていただけで、ダルだる〜で一日が過ぎた。

 そのわんこさんですが、じつはGE初日辺りに血尿で急遽病院に担ぎ込まれ、再び膀胱炎の診断が下りました。もともと慢性的にもっているので、何かの拍子に少し悪化した、というくらいの見立て。いつもの先生ではなかったのですが、分厚いカルテは健在、いつもの抗生剤を貰って帰ってきたようで、再び薬増えた…。

 アルブミン値が2の中間くらいで固定して来たので(それでも少ない気がするけど)、ブレドニンも1錠に減っていたのに、実質抗生剤が追加され、またもや数的には同じ。
 ご本人はいたって元気で、あれよあれよと痩せていくにもかかわらず、まぁ何というか身軽になった感じ。にまにまいつも笑っているし、食欲も少しではあるけど上向きだし。要求吠えとかが少なくなってきたし、粗相をすることが増えてきたけど、それはまぁお腹の症状とは関係なさそう。

 ただ、フードを変えた時点で、ウンピがもう可哀そうなくらいぼろぼろで。おからを丸めて硬くしたような、ぽろぽろしたかた―――くて触ったら、モロっと崩れそうなウンピになったのです。一回量も、親指位のものを2個くらいで、その分回数は増えたけれど、そんな形状なので出すときに結構気張るんですよね。うんちングスタイルできばってて、後足がプルプル小刻みに震えるまで頑張ってるのを見ると、何だか申し訳ないような…。
 リンパ管拡張症に対してウンチが固いというのは嬉しい事なのかもしれないけれど、なんかこのウンピの形状もどうかと思うなぁ。何とかならないか、一応獣医さんに確認してもらう予定ですが、フードを変えれば結石が出来るし、痛い話ばかりです。
 しかも、どんどん痩せていくのが結構気になる。リンパ管拡張症が変わって治療を開始したあたりから、何もしなくてもどんどん痩せていく事に気づいていたのですが、先生もそう気にする様子もなく、「現状維持で行きましょう」と言っていましたが、何が何が、現状維持どころか、体重が減りだしてすでに4キロは減っている。
 触ると骨がごつごつするし、ベスト体重の14キロより2キロも下。ブラシをすると、多発している脂肪腫と骨が引っ掛かるし、シニアだから仕方ないにしても、毛艶がぱっさぱさ。もともと少しカールしている毛なのですが、剛毛になってきてごわごわした感じ。量も少し減ったし。
 どこまでがシニアの差し引き分なのか、最近少し分かりかねる。治療と共に痩せて言ってるのは事実。もしかして、PSLによる糖尿病?とも思ったけど、実はもともとうちのわんこさん、グルコース低い。普通にしてて40とかだし。でもまぁ、可能性がある分には次に調べてもらうもよし、素人の私が気になる位だから、先生だって調べるだろうし。

 という訳で、本人は元気です。半月ぶりの再会でも、私を忘れてなかったです。ボケは一時的なものらしかったです。
 いやはや、まだまだ生きて貰わんといけんです。

 というか、生きてくれ――――!!!!!





 ・・・・と叫ぶのもおこがましいくらい、見た目は元気です。

                       

 と、久しぶりに書いていたら、もう一つの話題を書く余裕がなくなってしまった。 
 本当は今日、そっちがメインなのに。

 という訳で、今日はもう一つポルノグラフィティについて語りたいと思います。
 
 そっちもよろしく。

 あ、ポルノグラフィティ興味ない?
 興味、無い?

 ・・・・・無いんだ・・・?




 でもよかったら読んで。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
体重減少、心配ですね。
ただ、ワンの適正体重は一般に飼い主たちが思っているよりず〜っと痩せ形寄りだそうですので、獣医さんの見解頼みですね。リンパ管拡張症の食餌療法は脂肪が制限されているので、そのうえ嗜好性がわんこちゃんに合ってないみたいなので、摂取エネルギー、足りないのかなぁ。中鎖脂肪酸の出番かしら?
この病気、被毛はパサパサになりますよね。やっぱ、蛋白足りなめだもんな〜。季節からか毛の量も減ってるし、切れ毛や毛玉になりやすくパピヨン自慢の耳のフリンジもスカスカです(T_T)ただ、とにかく元気!が救いでもあり。病状の指標としては役に立たないんですけどね。
ご飯ですが、ウチの場合は、重量比でフードの3倍くらいのお湯(40〜50℃)につけると手間いらずで芯までふやけ、嗜好性もウンピもよくなります。でも、ウチより量が多いから3倍の水って大量になっちゃいますかね?缶詰タイプの含水量77%を考えると適正量とは思うのですが。
いつも長コメ、ごめんなさい。
snow
2012/05/13 08:58
 snowさん、こんばんわ。確かに脂肪足りない分、毛はぱさぱさですよね。シニアだからっていうのもあるんですけど。
 ドライフードは次第に我慢して食べてくれるようになっていますが、やっぱり缶詰の方が好きみたいです。でも経済的に厳しい事もあるので、混ぜる程度に(^^;)あと、おやつやご褒美代わりにあげています。甲斐性のない飼い主でして…。
 まぁ、本人がとっても元気であれば、それに越したことはないですね。
うまうま
2012/05/15 21:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
あけて良かった、ゴールデンなウィーク 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる