〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS おひさしぶりです。

<<   作成日時 : 2012/07/28 23:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 気が付いたら・・・っていう始まりが最近多くなっている気がしますが、気が付いたら10日以上も放置していました。すいません。

 ばたばたとしていた7月、夜勤が物凄く大変で、体力温存と夜勤明けの充電でそれぞれ一日がつぶれる状態で、遊びにも行かずただひたすら仕事のために生きている状態のうまうまさんです。悲しい…。
 夜勤が大変なのはいつもの事ではあるんだけれども、病院の色々が変わってしまったので、兎に角ストレスが大きくて嫌になります。6月半ばからずーっと、胃が痛い。最近はなんだかお通じの色も黒くなっているような・・・・???黒色便かっ!?ってな気分。

 さてはて、これと言ったネタも無いのですが、オリンピックがいつの間にか始まっていたのですよね。びっくり。まだまだ先だと思っていたけれど、もう8月になろうとしているんですものねぇ。世の中、知らない間に時間は過ぎていくのだな。
 毎日暑い日が続いていて、それはロンドンでも例外ではないはずなんだけども、この暑い時期にオリンピックではマラソンとかするし。馬術競技も多分屋外だろうし。
 ちょっと、凄い環境だなと思う私。子供の頃はこんなこと考えたこともなかったけど、アスリートって協議で戦う以上に、自然と闘わなければならないのですよね。わくわくしながら見ていた子供時代とは違って、選手は、馬は大丈夫なんだろうかと、半分はハラハラしながら見ることになるんだろうな。といっても、見るかどうかは分からないけど。

 開会式で、ロイヤルコーギーが話題になっています。話題というのも、一部コーギーファンの中ではあるんだけども、やっぱり女王陛下と言えばコーギー!!!!もともとコーギーはダイアナ妃のお名前にもあったように、ウェールズ地方の犬。ウェールズと言えば、実は歴史的なものを考えればイギリスとは別のものという考え方もあるんだけどもね。
 王室にコーギーがやってきたのは、今の女王陛下が飼いだしたのが始まりではないのかしら?子供の頃のお誕生日にプレゼントされたのが切っ掛けとかっていう話を聞いたことがありますが、それ以来ずーっとコーギーと女王は一緒です。海外訪問にも連れて行ったとかいう話もあるみたいですしね。

 だから、イギリスと言えばコーギー、コーギーと言えばロイヤルドックというイメージが日本には根付いているんですよね。もふもふころころのコーギーが、開会式の映像にも飛び出していましたね。むっちゃ可愛いし―――!!!!コーギーらしいコーギーさんです。王室にいるコーギーには、ダックスとのミックス犬もいるとかいう話を聞いた事があるのですが、映像に出ていたコーギーは生粋のコーギーさんでしたね。

 にしても、コーギーって実は物凄い『荒くれ者』でとおっているんですよね、犬界では。獣医さんだって、トリマーさんだって、『コーギー』と聞けばちょっと身構えるというくらいらしいですもの。

 一時期凄く人気が高くなって、色んな人が飼っていましたが、その荒くれぶりに手が付けられなくなって、捨てられるコーギーは後を絶ちません。ブームに乗ってしまう日本人の悪い癖ではあるんでしょうけど。

 といっても、私がコーギーを飼いだしたのは、別にどうっていう理由もない偶然なので、大きなことは言えないんですけど。12年前、荒くれだの凶暴だの、コーギーにそういうイメージはなかったはず・・・。でも、飼いだしてから何となく

「コーギーって、凶暴かも!?」

 と、身を持って体験して、経験で理解してきたのが正しかったという訳なんだよね。
 頑固だし、いこじだし、天邪鬼だし。よく鳴くし、わがままだし。

 あははー、いいとこないじゃん・・・。

 以前からコーギーは牧畜に使われていた犬種なので、躾をきちんとすればそれはそれは立派な犬になります。どんな犬だってそうなんですよね。悪い犬なんていないし、荒くれだって人間が勝手にそうしてしまっただけで。そうそう、うちのわんこだって半分は躾がなっていないだけだし。でも可愛いからいいし。
 
 コーギーって、見た目の三枚目程度と性格が一致しない犬なんですよね。人間で言えば、軽やかなデブという感じの見た目ですが、実際は結構任侠ものの世界で生きていけそうな性格です。
 だからこそ、躾がきちんと入れば、スーパードックになれるのです!!!! コーギーは学習したり仕事をするのが好きな犬種なので、お手伝い犬にもできたりしますし、性格が落ち着けばセラピードックにもなったりします。

 どんな犬でもそうなんだよなぁと、今更ながら思いますけどね。

 オリンピックの話から、コーギーのつぶやきになってしまいました。

 我が家のわんこは元気かしら???

                   ♪

 というつぶやきを書くほど、実はネタが無かったりします。

 あるのはあるんだけども・・・・この時期で言えば、熱中症ですかね。

 もうだいぶ知識が浸透してきていますが、熱中症は熱い屋外にいてなるものではなく、そんなに激烈な暑さでなくても、湿気が多いとなりやすい病気です。病気と言うには何だか変な感じですが、死亡する例が最近相次いでいますね。気が付いた時には倒れていた、というのは最早最悪の状態。倒れる前に気づかなくてはならないし、それは自分自身で管理するしかない世界の話です。
 周りの人が見て大丈夫かどうかは、本当に分からないもの。どんな病気でもそうですが。

 いくら水分をしっかり取っていても、いくら汗をたくさんかいていても、成る時は在るのだから、矢張り程々という事が大事です。寝ている間になるという事になれば、寝る前、起きた後の対処が必要。特にご高齢の人はもともと脱水症になりやすいうえ、暑さにも耐性があり、汗をかきにくいという「なりやすさ条件」がそろっています。そのうえ節電の夏…。

 節電を訴えながらも、「熱中症にはご注意を。」と言っているCMを見たりすると、何だか変な感じです。逆方向の話をしているようなもので、節電しさえすれば熱中症は関係ない、と言われているようにも思えたりするのです。いやぁいいってもんじゃないだろう。

 病院でも節電なのか経費削減なのか、結構冷房は高め設定です。看護師は年中半袖で仕事していますが、バタバタ動いて患者さん抱えてケアして、ストレッチャー押しながら検査いったり何のかんのしていたら、暑いのです!!!!!

 病院にいるのに汗だくで仕事してます。ホンマに熱い!!!マスクなんかしていたら息も絶え絶え。休憩室だけはガンガンに冷やして、お昼の少しの時間で涼んだりしていますが、一日終わったら汗塗れ。
 これじゃ、いつか病院で誰か倒れるぞって感じの毎日です。しかし、医療従事者が倒れては何事も説得力がない・・・。

 熱中症、毎夏の話題ですね。
 日本はどこまで熱くなるんだろう????

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ネットビジネス構築入門コース“7 SEVEN DAYS”
たった7日間でネットビジネスを構築! ...続きを見る
ネットビジネス構築入門コース“7 SEV...
2012/07/29 00:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
おひさしぶりです。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる