〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 気張るっ!!!

<<   作成日時 : 2012/09/28 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 一日だけ実家に用事があって帰省していました。9月は頭に北海道へ行ったせいか、その後の連休が取れず、お琴の練習にも帰れない状態で、今回実家に帰ってわんこに出会うのは20日以上ぶり。月一回は必ず帰っているものの、ここ最近はこんなに空いたのはなかったのです。

 久しぶりに、わんこストーカーされましたよ。

 床に座っていたら、気づいたら後ろとか横にびとっとくっついてくる。

 可愛いじゃないのさ。

                   

 そのわんこですが、病気のため治療食を食べて、別の食べ物は許可されたもの以外絶対ダメ!という状況下が続いています。というか、一生そうしないといけないわけなんだけども。

 で、二つの持病に対しての相反する療法食を相殺した、糖尿病などにつかう療法食が現在のご飯です。ばっむーじをみたら、結石にもつかえる消化器サポートみたいな感じで書いてあるのですが、基本糖尿病のわんこの為のダイエットフードなのですよ。
 
 もともと体もデカかったし、薬が始まるまではそこそこデブだったので先生もこの療法食に変えることに意義はなかったのかもしれませんが、実は今もうほんとにがりがりです。

 マックス19キロが現在11キロですからね。

 この間、多分2年位?病気が発見された時には16キロはあったから、一年で5キロマイナスです。しかも、ここ最近でがくーんと落ちた。アルブミンの値は2を切らないところで行ったり来たりを繰り返している状態で、最近は体重の増減を見ながらアルブミン値を測ったりもしています。

 先生もわんこのこの体重減少がとても不思議でならないらしく、私たちとしてはおやつをげない、療法食に変えた、ただそれだけなのにぐんぐん減っている訳です。といっても、前はそれほど沢山おやつをあげていたわけではなくて、買ってくるおやつもそうそう早くは無くなっていなかったはずです。

 となると、矢張り療法食の威力ってすごいわけですよ。いやいや、脂肪の威力って凄いんだなと。わんこは現在禁・脂肪!!!!なのです。脂肪が腸のリンパ管を詰まらせてしまうので、リンパ管拡張症には減脂肪が第一条件。

 体重が減るのは仕方ないとしても(ちょっと病的。)それにつもなって、治まり切らない食欲がとにかくすごいのです。別に食べたくなくて体重が減っている訳ではないので、食べたら多分太ると思うのです。けれども、この子が満足するってどれだけ!?というほどの食欲でありまして、しかも多分食べ過ぎるとまた腸に負担がかかって下痢になり、食べた分昇華されず吸収もされないまま、ウンコだけが沢山出てしまう、という悪循環もきたすので、あまり与えすぎるのも腸に負荷がかかってしまいます。

 決められた量しか食べられない、許可されたおやつは腹が膨らむようなものではない、けれども食べたい!!!!

 という状況、わんこなりに考えていまして。

 まず、ご飯を貰う。

 同時に人間のご飯が始まれば(我が家はまちまちなので、先の事もあれば後もあるし、同時もある)、まずは自分のご飯は後回し。

 もらえるだけのおやつをもらう!!!

 もらえるだけのおやつを食べた後に、自分のご飯を平らげる。

 という作戦で挑んできます。
 そりゃ、自分のご飯を置いといた空腹状態で、くれくれ攻撃が始まる訳ですから、激しいのなんの!!!!かといって、わんこが食べられないのに自分たちだけだけられないわぁ…なんという可愛い人間は我が家にはおらず、母は母で夜抜きダイエット中なので、自分も食べないから平気。

 矛先はデザートの果物をつまむ父親。

 ご飯が終わるまで、テーブルの下は茶色い物体が行ったり来たりしている我が家です。

 でもね、やっぱり食べるものに脂肪分がない状態であれば、体重は減るし、筋肉は無くなるし、毛艶なんてもうバリバリで、本当に貧相になります。身体をなでていたら、背骨の一つ一つが分かる位ごつごつだし、首回りなんてほそっこく、12年間使っているチョーカーの首回りが余って、体勢によってはだらりと引きずってしまう事もある位。

 元気は元気だけれども、本当に見た目はよぼよぼになっちゃいます。しかも、毛質もぱりぱりしていて、ブラッシングしても艶々とすることはない。悲しいけれど、そういう見た目の変化は途轍もなく大きいです。かかっている病院の先生は、健康であることのために見た目を重視しない方針のようで、毛艶を気にしたり、貧相だからということで何かを妥協したりすることはなく、いつも「家での調子はどうか。」という質の問題を問うてきます。

 確かに、見た目はボロボロだけど、本人は元気いっぱいだしね。

 ・・・・と思っていたら、10日に一回程度、結構な便秘になるようで。フード自体、ウンコの量も多くなるようなフードだし、それを着て医療とはいえ少し多めにあげているし、筋力が無くなって踏ん張りがきかないしで、かなり難産。

 4本足なんだから、しばらくしっかり歩いたらそこそこ出そうなものなんだけども、ウンコはしたいから踏ん張る、でも出ない、でも出したい、というお尻の不快感があり、わんこもそうそうゆっくり歩くという事が出来ない。

 踏ん張って踏ん張って出そうとするのだけれども、入口にまでやって来ない。入口に来たと思ったらそこからうんともすんとも進まない。

 挙句に、






 おえっっっ〜〜〜〜〜〜っっっっ







 踏ん張りすぎて、踏ん張った姿勢のまま嘔吐。
 なんか、わが愛犬ながら切ないやら悲しいやら・・・・

 引っ張って歩いてようやくだしたウンコには、血が・・・・・

 そりゃ、あんだけ踏ん張りゃ、切れるわな…。




 切ないな、悲しいな。




 踏ん張り続けるわんこの傍で、

「頑張れ〜〜〜」

 と声をかける怪しい飼い主を、ゴミ出しに出て来た近所のおばちゃんが遠巻きで眺めていた。しかしまぁ、それも気にならないほど、愛犬が踏ん張るけど出ない姿と、すがるような瞳で見られるのは、もの悲しい。

 無力感だ・・・

 と思った瞬間、


 摘便すっぺか。


 と考える私は、腐ってもナースであったりする。
 したらしたで、きっとわんこに白い目で見られるだろうけど。



 しかしまぁ、自分の愛犬の、一生懸命吐きながら気張っているのに出ない姿は、見ていて確かに切ない。
 そして、苦笑い。

 


 ブルータス、おまえもか・・・




 の世界?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
気張るっ!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる