〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS ドキドキがムネムネ。

<<   作成日時 : 2012/10/02 02:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 台風の一番激しいだろう時間に出勤し、ずぶ濡れになって仕事場に行ったら、台風にもかかわらず結構な患者さんがいて、ちょっと唖然としたうまうまさんです、こんばんわ。

 体調不良は確かに季節・時間を問いませんが、家で寝ている方が安全、という事もあるって事を世の中の皆様はご存知でしょうか。

 台風直撃の夜勤というのは、大抵静かにもので、スタッフ全員

「今日は暇かな。」

 と思っていたんですけどね。思っていたのは半分で、それでもきっと忙しいだろうってのは心の中で思っていることです。予想通りというか、矢張り救急車は多いです。自分で行けないから仕方ないのかもしれませんけどね。

 相も変わらずばたばたしている救急外来で、ふとスタッフが

「あの人、誰ですか?」

 と。

 見ている先は、モニター。
 待合室をうつしたカメラのモニターが、スタッフルームにはあったりします。これは一種、防犯の意味合いもあるんですが、患者さん家族がいるかどうかの確認や、患者さんの待合室での急変などを見逃さないために、結構ちらちら見ている画面でもあります。

「誰のこと?」

 と聞くと、

「画面の真ん中の二人連れです。ずーーーーーっとあそこにいる気がするんですけど。」

「えー!? そーいえば、私も見てた気がする。」

 スタッフが並んでモニターを眺めつつ、

「でも、さっき患者さんの家族を呼びに行ったときは、待合室には誰もおらんかったよ。」

 そう、私はついさっき待合室に出たはず。その時はもぬけの殻。
 新規患者さんも来院されてないし、モニターに映っている6.7人の患者さんなんて、2分くらい前までいなかった。

「そうですよね。でも、新しい患者さんもいないのに、モニターにこんだけ人が居るって、もしかして待ちぼうけ食らってる人が居るんじゃないんですか?」

「えー、そんな人いないよー。ちょくちょく見とるもん。ほんまよー。」

 と、そこへモニターを見入っていた別のスタッフが一言。

「でもこの人たち、微動だにしませんよ?」


 へ?


「画面、フリーズしてますよ?」





 なーんだ〜〜〜



                      

 もしや、モニターにしか映らない人たち!?
 とか言いながら笑っていたけど、ほんまの笑い話。モニター壊れちゃいました。てへ。

 って言っても、私たちのせいではないんだけども。

 という事があった夜勤。
 明け方近くに、ペースメーカー不良の患者さんが運び込まれました。

 救急要請で、

『意識消失発作。』

 と言われ、バイタルが不安定。特に脈拍数40。ペースメーカーが入っていることは情報としては言っていたものの、40ってあり?

 運ばれてきた患者さんは、息苦しさとしんどさを訴えて、何ともドローな感じ。話すのも億劫、と言った雰囲気です。モニター画面では、見慣れたペースメーカー波形とは言い難いへーんな波形が並んでいて、40前後。こりゃしんどいはず。
 ペースメーカーが入っているので、当然ペースメーカーの手帳を持っているはずです。そこで設定やメンテナンス状態を確認すると、脈拍下限60で設定されたDDDという型式。もともとブロックのある患者さんのようで、40台の波形はP波もQRSもばらばら。
 
「60設定なのになんで40なのーー!?」

 とか言いながらわらわら心電図取ったり点滴取ったりしていたら、急に大きなアラーム音。
 遠隔モニターの近くにいた先輩スタッフが





「伸びてる !!!!!」



 えっ!?

 


「フラット―――――――!!!!!」





「止まる止まる!!!!」 



 慌てて患者さんの傍に駆け寄ると、意識が遠のくまさにその瞬間!!!!



 目を閉じちゃダメ――――――!!!!!



「○○さん!分かる!?聞こえる!?深呼吸して!息して息して!」

「・・・・・息・・・・しんど・・・ぃ・・・」

「うんうん、しんどいと思うよ、でもゆーーーっくりね。」

「・・・ふぅ・・・」

 飛びかけた意識が戻ってきた途端、今度はペーシングに乗っかり、脈拍は0から一気に駆け上がり、100台へ。

「こんなんじゃ、確かにしんどいよ・・・」

 ペースメーカー不全は明らかなんだけども、メンテナンスの状態を見ると、電池切れとかいう問題ではなさそうで、朝になって工学技師さんに来てもらい、ペースメーカーの状態を確認してもらうと、どこかで断線が起きているとのこと。

 もともとペースメーカーを入れた病院は別のところで、すぐに入れ替えというには難しいため(ペースメーカーの挿入・入れ替えに関する知識は私も不勉強)、急遽一時的なペーシング挿入のためのカテ検査となりました。

 先生たちに聞いてみると、ペースメーカーは絶対的なものではなく、たまにこうした不具合があるとのこと。そのためにも、常にペースメーカーの設定やメンテナンス状況を書いてある手帳を持っていることが大事ですね。
 それでなくても心臓の電気伝達機能に問題がある人が使っているものなので、不具合が起きたらもっとしんどい。はぁ、辛いもんです。

 因みに、安静時におきる失神は、心臓が原因の事が多いです。そのあとに痙攣とかあるならまた話は別ですが、たとえば寝転んでテレビを見ている時に失神している、意識が無くなってまたもどる、ということがあれば、頭よりも心臓が問題の事が多いのです。最近は脳こうそくに対する意識・知識が普及して、頭を心配する人は増えましたが、心臓はまだまだのようです・・・。
 運動時の意識消失、痙攣を伴う、などは頭の場合がおおいですので、同じ「意識がなくなった」という状況でも、その場面がどうであったかがはっきり分かる方が、診断には近道です。

 ペースメーカーって、意外に私はあまり見ないことの方が多いのですが、久しぶりに大きな不具合でびっくりしました。意識のある人の心臓が止まる瞬間って、ホンマ怖い。

 おぎゃーと生まれた時から一秒も休むことがない心臓ですから、時にはしんどくなることもあるんでしょうけれどね。
 赤ちゃんではないけれど、鼓動って本当にほっとする音なんだと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドキドキがムネムネ。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる