〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS fresh?

<<   作成日時 : 2013/03/09 01:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 放置プレイのブログと化してしまっていました。
 うまうまさん、とにかくヤル気ゼロなのです。一気に気持ちが盛り上がる事がなかなか無くて…ってか、ふつうに生きててもそんなことは少ないんだけど。

 私の職場、2月から上司が変わりまして、やっぱりいろいろ変化していって来てます。新しい上司が来ると、その上司のやり方っていうものがあるので、初めてのうちは戸惑いながらもだんだんと自分らしく職場を変えていく力のあるのが上司。怒涛のように色んな事が変わっていくのが、面白い半面ちょっとビックリでひいてしまったりもしたりして。
 それでも、変革ってのは楽しいものです。

 ・・・・悪い方向でなければ、なんですけどね。

                 ♪

 さてはて、最近はとにかく何事も起こらず何事も無難にっていうのをテーマにして仕事をしているワタクシ。お陰でネタ探しにも気弱になってきていて、ダメですねぇ。なので、あんまり話題がないんですよね。

 特に看護系で記事を書くことが多いので・・・って!!!!

 気が付いたら、今年の看護師国家試験終わってんだよね!!!この間、母が持って帰ってきた今年の試験をやってみました。毎年その年の試験を母が持って帰ってくるので、思い出すように自分でやってみるんだけども、今年は一風変わった感じでしたね。何というか、こういう国家試験は過去問さえやっていれば何とかなるって言われるくらい、大体同じ感じで試験問題が出来上がっているんですよね。まるで、同じ人が作ったのか?という位。

 でも、今年はやりながら「ぷっ」っと思うところが多くて、意外に面白い問題でした。でも、難しくはなかったかなぁ。母は自分が関わっている看護学生が「難しい」と言っていたようなので、「今年は難しいみたいよ」と言っていたけど、べらぼうって感じではなかったです。基本は基本なんだけども、ちょっと筋の違った基本問題って感じ。

 そいでもって、その今年の試験を受けた新人さんと関わる機会があったのですが、矢張り若いなぁと思わざるを得ないことが多くて、とにかく試験云々というより、人間としてまだまだ小さいなぁと感じる出来事だらけでした。小さいっていうのは悪い意味ではなくて、籠の中で可愛い可愛いで育ってきたんだなぁというし印象。
 そりゃ、社会人として十数年もたっている私と比べたんでは相手も可哀そうではあるんだけど、ほんま、考え方が全然違うし、それを意にも解さない。自分の考え方がみな同じ、という感じの喋り方が凄くビックリでした。

 学生という同じ立場、新人という同じ立場の隣の席の子も、自分と同じ考えで生きているんだとでも言わんばかりに話を進めていく様子や、それについていく隣の席の子…そり様子を見ていたら、考え方のレベルってあるんだなぁと思ったりしましたね。
 学生の考え方、学生気分っていうのを凄く感じた瞬間。

 しかも、漢字が書けない、間違った漢字に気づかない、文章が変、ってのにも驚き。それなのに、感想文を書け、とかいう事になったら一斉にためらいもなく書き始めたりして、二面性にもびっくり。

 私は端から「この文章が変」「漢字が違う」と、何度も注意して、それ以外にもなーんにも話さない偏屈おばちゃんになってしまいましたよ。

 本当に、社会人経験がどうのと言うよりも、「人」としての生き方自体に、すでに時代差を感じたりする訳です。それこそ、考え方のレベルの違い。高い低いとかではなく、部門とか種類の違いにも似ていて。
 学生時代は親しい仲間もいて、「群れ」でいる事にも安心していたし、別に悪い事でも変な事でもないと感じていたけど、社会人になってきゃぴきゃぴした「群れ」がなんとなく苦手になり、群れることでなぁなぁになる事も、捩れることも遅くなることも嫌いになってきたので、きゃいきゃいとした「群れ」心理の中に居るのは凄く辛かった研修でした。

 自分もこんなだったのかなぁと考えることも出来ないほど、自分の過ごしてきた時代と「今」の違いをあからさまに感じたりしました。
 それは、寂しい事でも悲しい事でも、憂う事でも、逆に嬉しい事でも楽しい事でもなくて、そういうものなんだなぁという当たり前の変化で、仕方のない時代の流れ、これまで日本人が構築してきたものの結果という事なのではあるんですけど。
 そして、その新人さんたちが、つぎの日本をどうにか変えていくんでしょう。そうやって、時代は作られてきたし、国家は変遷して来た訳ですし。

 行きつく先がどうなるかは、結果。答えも正解もないものなんですよね。だから、自分が変だと感じたからと言って、自分が嫌だと感じたことだって、それは正解でも間違いでもないのですよね。

 その研修で、どうやら風邪を貰ってしまった感ばりばりのワタクシでした。

                    ♪

 国家試験の発表は、3月25日当たりらしいですね。新しい仲間と、新しい新年度、そして新しい看護世界が作れたらと思う、旧世代の生き残りであります。
 
 今日、上司と話をしていて、

「忙しすぎて、どんなに頑張ってねつもりでも、まだ看護が足りない気がする。」

 と話をしたら、あっさり

「看護にゴールはないからね。」

 とまとめられてしまい、確かにそうだけど臨床に居る感覚としての充足感の事なんだよーと返そうとしてやめました。
 確かに、看護にゴールはなくて、正解も不正解もない。当てもない仕事を、よくもまぁみんな頑張ってる訳で、そこにはそうである「何か」が必ずある訳です。

 やりがい、楽しさ…そういうものではなくて、本当に続けられる「何か」。
 もちろん、収入とか生活の自立とかでもなくてさ。

   

  最近、「看護師」としての自分の適性を如何なく疑ううまうまさんでした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ トート
fresh? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ トート
2013/07/06 22:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
fresh? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる