〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 背中の白い羽根よりも、時間が欲しい。

<<   作成日時 : 2007/03/02 20:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 災害拠点病院である当院で、保存食として備蓄していた「パンの缶詰」を、「賞味期限が切れそうだから。」と言って職員に配っていたうちの病院の事務室。うまうまもその恩恵にあずかり、皆が「いらないよー、そんなのー。」と言っているのをよそに、一個せしめて来ました。うっしっしー
画像

 
 しかしね・・・・
 いくら3年持つからって言って、

 賞味期限が2007年3月3日って・・・・

 明日じゃん

 もし今日災害が起こったら、次の日までしか持たない非常食で凌げって言うのか!?
 うちの病院、呑気すぎやしないかい?
 
                            

 仕事に忙殺されていて自分の時間が無い。

 ということは、削れるところは一つ。

 睡眠時間。

 というわけで、うまうま、最近ハードに睡眠不足です。私が睡眠不足に陥ると、かなり身体がガタつくので、ここは削りたくないところなんだけど、如何せん他に時間がない もっと自由な時間をくれーーー!!!!

 貴重な睡眠時間を削って何をしているかといえば、兎に角本を読んでいたのです。あ、ついでですが昨日はあの後すこしだけDVDを観ました。もう、かけあしで早送り再生しました。それでもDISK1のメリッサ辺りまでしか見れてない・・・。

 読みたい本が山のようにある上、斜め読みが出来ない本ばかり。どうでもいい本は斜め読みですっ飛ばすんだけど、ちょっと無理だった。

 ようやく「国家の品格」を読破しました。ふぅ 
 さぁっ!!次よ、次!! 次が待ってるわ〜〜〜
 いや、気が早すぎ・・・

 この本、凄いよーーー。

 こればかりは感想とか意見とか書かないで、読んでいただく方がいいかも。さすが数学者という感じだけれど、作者のプロフィールを観てこの本が出来たことを納得しました。この方、文学的才能も持ち合わせていらっしゃいます。DNAって凄い と思いました。
 ただし、私みたく「うんうん、そうねーと思いながら読んでいては駄目です!!! 読み終わって気がつきました
 この本は読み勧めながら自分で「ここに突っ込める反論は無いのか」と考えながら読むのが理想です。作者と対話してるみたいな気分になります。
 私は、この方の考え方には凄く賛成できます 私自身が理論的な考え方よりも情緒的な考え方を重視するところがあるのでそう思うのかも知れませんし、言語学に秀でていない分、とにかく日本語を愛しているからかもしれません。
 
 真の国際人とは何かを教えてもらえますし、自分の国を愛するということは、難しいことではなく、武器を持って守ることでも、必ずしも国歌斉唱・国旗掲揚に統一されないということ。桜を愛で、小川のせせらぎに耳を傾け、富士山の初雪に目を細め、柔らかで愛しみ深い言葉を操ることで、日本人としての「真の国際人」への第一歩なんです。
 この感覚、私はよく分かります。日本人の精神性って、本当に高貴で背筋のしゃんとした、凛としたものなんですよね。

 あぁ、もう深くは言うまい・・・。こればっかりは読んでいただければ分かる!!!という感じ。ほら、晴一くんだって読んでるんだからさ、読んでみなよ、だまされたと思ってさぁ。
 ネットで日記書いてる方、ブログ書いてる方には、お勧め 自分の言葉の品格を考えてしまいます。もしも身に着けるなら、大層な肩書きよりも美しい品格でありたいと痛感する、庶民のうまうまです。

 そうそうーーーー、この間本屋に行ったら、「男の品格」の作者の川北さんが書いた新しい本が並んでいました。題名忘れましたが・・・。ちゃんと「男の品格」も並んでいましたよ。

 その隣にですね・・・・

 恐れていたものがあったんですよ。

 何を言う、

 「女性の品格」

 という恐怖本

 ああぁぁぁぁぁーーーーーー!!!!

 ですが、この本は大丈夫 パラぱらっと読んだら、一般的に言う、魅力的な女性のマナー本みたいな感じで、核心に迫るようなものでは無かったです。内容はちょっとした気遣いの仕方や外見の清楚感の必要性とか、そういう「洗練された女性」としての心得みたいな感じで、それはそれで読み応えありました。私には耳の痛いこともありましたけどね。この類の本は真似できないので手は伸ばしません・・・。チラ見でも結構面白いですので、良かったら読んでみてくださいね。
 けど、この手の本をちょっとかじって、「ほら、こう書いてるじゃない。何でこうできないの?」と詰め寄る男性は、ごめんなさい、人間が小さいですよーーーー。何故って、「男の品格」とは内容の根本が違うと思うので・・・。うーん、私は「男性はこうあるべき」と詰め寄る相手がいないので・・・・と棚に上げさせていただきますが・・・。

 やっぱり、男の人って背負うものが女性とは違うんだなーと、「女性の品格」を読んで私は感じました。そう考えさせられる本です。読み比べてみてください。

                      

 そいでですねー、DVD

 早送りでメリッサまでだけど、

 良かったよーーーーーーー

 全部見ての感想みたいになってるけど、良かったよーーーーー(落涙)
 
 何がいいって・・・・・・


 そりゃ、奥さん!!!!!!!!! 
 


 「メリッサ」で・・・・・
 
 「何年かぶりにライブで目が合った」瞬間

 昭仁くんと晴一くんの画(え)

 一つ画面に二人、肩が触れ合うくらいのセッションの画(え)

 これに尽きます。


 

    あぁ、これよ、これ・・・・

    私はこのポルノグラフィティが大好きなんよ・・・・
 



 気づきました?
 
 この瞬間から、昭仁くんの声の伸びが違うんです。
 突然鍵が開いたみたいな感じです。

 追いかけっこする時の

 二人の笑顔が、いつに無く自然で普通で、子供みたいで、

 あぁ、この二人、こんな顔もするんだな・・・って、

 まるでいけないものを見てしまったみたいな感じ。

     


     あぁ、これよ、これ・・・・

     私、このポルノグラフィティが大好きなん
  
   

 品格のある言葉が出てこんけど、この瞬間の二人は「観客を忘れてる」ね、絶対。
 
 特筆すべきはもう一つ。

 「シスター」のギターと、「ジョバイロ」のバイオリン

 NAOTOさん、何回かバイオリン変えてるけど、「ジョバイロ」で使っていたバイオリンの音がとても好き。か細くって華奢で消えそうだけど、しっかりとした音符で音を届けてくれるあのバイオリンの音が素敵。バイオリンだけ聴いてたら、あそこが夏の横浜スタジアムだとは思えない。あそこが野球グラウンドだなんて感じない。

 「シスター」のギター、好きなんだ・・・・・・。アコースティックギター好き。

 もう書く言葉なし。


       買ってよかった・・・・

 って、何分か見ただけなんだけどさ・・・・。
 汗だくのテレビ画面を見ながら、テレビのこっちで寒くて震えてる自分が何となく淋しかった侘しかったよ。夏に観れば良かった。汗かきながら見たほうが臨場感があったかも。



 うまうま、もう一つ気になったことがありまして。

 スタンドの一番上から撮ってるカメラにいつも写っていた、女性の背中。

 夏だから露出の多い服が多いんですよね。

 肩甲骨が、とっても健康的で魅力的で・・・・


 ライブが楽しみになったけど、

 心配事が一つ・・・・二つ、三つ、四つ、五つ・・・・




    体力持つかな?

    腕、攣らないかな?
 
    仕事・・・・・・・出来るかな??????????


    いや、


    仕事、手に付くかな???????



    


 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アコースティックギターの練習方法
アコースティックギターは、ニューミュージック世代のミュージシャンの貢献があるので、幅広い年代層にこんなにも長く愛され続けられているのでしょうね。 ...続きを見る
アコースティックギターの練習方法
2007/03/03 15:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
うまうまさん♪こんばんは。
男の品格、手に入れましたよ〜。フフフ。
まだ今は順番待ちですが、読んだら必ず報告するからね〜!!
で、で、途中まで見れたのね!?ワタシは昨日休みを駆使してノンストップで見たんだけどワタシもメリッサのおんなじところでやられましたわ〜。晴一さんが『あ、あきっと、こっち来るん?来るん?(ニヤ)』ってとこからもうワタシ、ニコニコしちゃったよ〜!!うまうまさんが書いてるようにあの瞬間は絶対に3万人を忘れてるよね!?2人だけの世界のようなカンジ・・でも!ほんとよかったよ〜!!
ところで、うまうまさん今回のライヴどこのんに行くの?
hoko
2007/03/03 00:15
うまうまさん、おひさしぶりです。
訳あって、しばらくPCを開く余裕がなく…キャッチザハネウマも、ようやく今日買いに走ることができました〜♪
たった今、全部観終えてしまいました。ああ〜っもったいない…
私は今日DVDで、初めてポルノグラフィティのライブというものを観ました。
どう表現していいのかわからないんです、この気持ち。
とにかく、「なんてサービス精神に溢れた、ええ人達なんやろ〜!」と感じた…ような気がします。
うーん、なんか違うか…
これだけははっきりと言えます。ますますポルノグラフィティが好きになりました!!

私は関西人ですが、広島弁っていいですね〜。
最近、気づけば使ってる時ありますよ。
昭仁さんはよく「ホンマにありがとう」って言ってますが、広島弁でも「ホンマに」って言うんですか?
やっぱり近いからでしょうね、どこか関西弁と似ていて、親しみがあります。
ポルノグラフィティと同郷のうまうまさんが羨ましい〜。長々とすみません、では、また〜。

2007/03/03 00:26
 hokoさーん、やっぱりあそこはぐっと来るツボでしたよね〜♪男二人、久しぶり(で申し訳ないんですが)に「カッコいーかも…」なんて感じました。私やっぱり、二人でいる二人が好きです。どっちがどっちか分からなくっても、「二人である」ことが好きなんですよね。あ、3人でも良かったんだけど。

 男の品格、じっくり読んでみてくださいね。私の見つけられなかった「突っ込みどころ」を期待してます!!! hokoさんなら違う視点で「おもろいところ」を見つけていただけるかと…♪
うまうま
2007/03/03 18:39
 柊さん、お久しぶりです。うまうま、まぜ観れてないんですよーーーー、全部。本当にメリッサ止まりで全部見た風に感動しちゃってるんですけど、よく見たら全体の1/3くらいまでしか見てないって事ですよね。
 本当に、改めてポルノグラフィティ好きなんだーって宣言したくなるDVDですよね。実は初めてライブのDVDって観たんです。どのアーティストでも見なかったんですけど。きっとこれ以上のライブを次も用意してくれているんじゃないかと期待しつつ、その日を待ってます。浜スタが私の彼らのライブの基準になっちゃいましたけど、このお祭りを上回るライブって、どんなもんなんでしょうね。
 「ホンマに」って言い方、昭仁くんの言い方は関西系ですよね。私もよく使いますが、イントネーションが違う感じです。あの二人、大阪長いですしね。関西弁って付くと中々取れないですよ。晴一くんの備後弁が消えないのが不思議なくらい。
 大阪は彼らの第二の故郷ですから。
うまうま
2007/03/03 18:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
背中の白い羽根よりも、時間が欲しい。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる