〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 困る〜〜〜!!!

<<   作成日時 : 2007/04/25 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 新人さんが入ってきてからというもの、私の仕事は「器械だし看護」が主体になりつつあります。勉強のため外回り看護から教えていく古い体質の手術室なので、新人さんがすぐに手洗いをして術野のそばで介助につくという事はないんです。で、必然的に私達中堅看護師が器械だし看護をすることになります。

 非常に緊張する上、数や時間や安全との真っ向勝負。野球の試合のように延長もなければノックアウトされることも許されない所。
 立てっ!!! 立つんだ〜〜〜!!!! の世界。

 確実に「勝ち」しかない場所。

 さて、こんなとき人間はどうなるか・・・・。
 
 当然術野から離れたら「あっぱらぱ〜」になってタガが外れてしまうんですね。
 哀しいかな、器械出しの後の私は抜け殻。

 最近お外が暖かくなってきたせいか、手術室の中も何となく暑いんです。そんな中、滅菌ガウンを着て立っているだけで、背中に汗がたら〜りと流れるのを感じます。微妙な天候の最近は患者さんの為に部屋を温かくしてお迎えすることが多く、皆より一枚多く着ているだけの器械だしには辛い季節になりました
 
                       

 さて皆さん、お腹の中には何があるでしょう?
 
 そう、臓器内臓。

 整然と、あるべきところに臓器がぎっしり詰まったお腹の中の絵を見るかと思います。決して間違いではありません。胃が痛いといって抑えるところが下腹部だろうが、肝臓が痛いといって左を抑えようが、体の下にはあるものがちゃんとイラストの通り在るものなんです。胃下垂って事もあるだろうしね。

 私達手術室看護師が見ているお腹の中と言うものをご紹介しましょう。

 まずよく目にする、お腹の中はこんな感じというイメージをしてみてください。

 はい、次にソコヘ動・静脈のなんとなく葉脈のようなうっすーい筋を付け足してよりリアルに!!!

 その上に全く持って思いがけない位の脂肪の幕を小腸と大腸にぺローンとカーテンのように付け足します。

 脂が乗ってますます現実味が出てきましたね!
 ちょっときらりと艶を出してみましょう!

 大切なものも忘れてはいけません 臓器はぽろんと臓器だけあるのではなく、内蔵を覆う薄い膜があるんです。保護膜みたいな、オブラートみたいな膜です。その膜をつけて内臓を保護してあげましょう。

 大網も忘れられない必要物ですね 胃の上へ覆いかぶさるように黄色い絨毯を広げましょう。

 あらら、何も見えなくなっちゃいましたね

 そうそれが私達の見ている術野。

 開腹手術の場合、お腹を開いてまずすることは、その人の臓器がどういう状態にあるかという位置関係と状況の把握です。このアセスメントを間違うと、切ってはいけないところを一生懸命切り開いていたというとにもなります。
 イラストだけのように臓器が整然と並んでいたら良いのですが、人間の身体には消化管などの臓器以外に、名前の浸透していない必要なものが沢山在ります。たまに必要のないものも作り出してしまうので、そういうものを見つけたときには排除するんですが。
 消化管の膜や脂肪の間から、ちらっと見える小腸や肝臓といった臓器を頼りに、今見えているものが何なのかを確認します。
 
 内臓脂肪って聞いたことがあるかと思いますが、本当に小腸・大腸にツララのように脂肪の塊がぶら下がっています。この脂肪、ある程度は必要なものとして認識されるのですが、度を過ぎると矢張り厄介なものといえます。脂肪の中には血管が細かく入っているので手術中には「出血」の原因になり、安易に切って行っては出血を止める作業だけで莫大な時間をとられます。

 太りすぎは何にしても良くないということなんですかね?
 特に内臓脂肪はかなり怖いです。見た目は悪さをするような感じじゃないんですが・・・。
 それを思ったら皮下脂肪の方がいくらか良いかな・・・?
 うーん、どっちも付けないにこしたことはないのかな〜。
 こんな私のお腹の中はツララが凄いんだろうな〜
 
 このごろ少しお腹周りが・・・という方、お気をつけ下さい!!!

 話は変わって小腸が長いのはご存知かと思いますが、手術に至る経緯の中に小腸が原因と分かった時には(腸閉塞とかね・・・)、根本の原因を排除した後、小腸の全ての状態をチェックします。長い長い、見た瞬間「これは小腸」と分かる管を、先生が一生懸命引っ張り出しながら状態をチェックするんですが・・・
 出したものは入れなきゃいけないんです。それも、捩れないように傷つけないように、あるべきところへちゃんと。
 出したように入れれば簡単なんですが、チェックする為にひっくり返したり眺めてみたりするわけですから、3次元で物事をしっかり見ていないと、大変なことになります。手術したお陰で再手術・・・なんてことは信じられない!!! この場面では術者を始め助手の先生も、目を皿のようにして戻っていく小腸の状態を確認しています。
 
 というように、手術というのは進んでいきます、はい。
 
 なんのこっちゃ

 内臓脂肪、恐るべし・・・というお話でした。 ちゃんちゃん


                         


 大きな手術につくと、その話題しかなくなるんですもの、私

 ポルノグラフィティ話題なんてからっきし増えませんよ。ananかってないし。
 唯一言える事は、今週末大阪ねっていうことくらい。

 大阪行かれる方多いんだよな〜!!!!
 またまた感想が楽しみです!!!!
 心置きなくネタバレトークがしてみたい!!!!
 
    けど私が覚えていないことの方が多いかも・・・

 スケジュールを見ていたら、約半分が終了ってことになるんです。

 淋しいな〜
 
 と思うと同時に、

 もうそんなにやってるんだ・・・

 という気分にもなるんです。今回のライブは自分が行ってるというのもあるのか、何だかとってもゆっくりした気分です。週末の公演だからかな? いや、うちには週末とか関係ない事実だし。
 今日はどこかな?というどきどきが、何だか穏かな感じ。ポカリライブの時は飛び回っていたから余計わくわくしていたしね。
 
 ステージを知っているというのは、何だかちょっぴりポルノ玄人気分

 前回の、「今日はここの公演、次はここだな」って言う「未知数のわくわく」はライブに行かない自分に贈られた唯一のモノだったりするんだけど、それが凄くくすぐったかったんですよね。だから今回は知っているという事で、落ち着いた時間の流れの中、「大人」な気分にさせてくれます。

 皆が楽しかったって言ってるのを読んでこっちまで嬉しくなったり、楽しい時間を思い出したりって言うのはステージを知ってるからこそなんだよね〜。このどきどきも嬉しいけど、あのどきどきも捨てがたいんだけどな〜!!! だからって行かないでいることなんて出来ないんだけど・・・。
 
 あー、でもちょっと勿体無い。知ってしまって勿体無い!

 知らなきゃ良かった!

 でも、これが知りたかったんだ〜!!!

 あー、実は知って嬉しいし知って良かった〜!!!

 でも内緒でも良かったのに〜!!!

 どっちかって言ったら・・・・・

 知りたかった? 知りたくなかった?

 えーーー、どうだろーーーー!?

                        ・・・・エンドレス・・・・
 

 アンビバレンスなうまうまです。
 この揺れ幅、かなり広いよ。

 こういうことってない?

 知りたかったんだけど知っちゃったら困るーーーという感じ。

 何が困るんだか・・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
■体質改造ゴールデンルールダイエット法■
■『あなたは、どうしてやせられないか知っていますか?』昨年、キリンビール株式会社が調査したところによると、【【【女性の65%】】】が、『自分のことを太っている』と回答したそうです。そして、実際にダイエットをしたのは77.4%しかし、ダイエットに成功したと言う人はわずか27.9%しかいませんでした。3人のダイエッターのうち、2人は失敗するのです。★なぜだか分かりますか?私はダイエットをする人を数多く見てきましたがダイエットに失敗しやすい人は、『テレビで見たり、人に聞いたりする情... ...続きを見る
この世で一番ストレスのないスーパーダイエ...
2007/05/01 18:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
困る〜〜〜!!! 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる