〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 言葉の力

<<   作成日時 : 2008/05/31 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日はいきなり読書話。読書と言っても絵本です。本屋の中でも絵本コーナーって意外と落ち着くんですよね。子供達に混じって、平積みになっている絵本をぱらぱら捲ったりしてます。

 前々から気になっていた絵本、ようやく中身を読んだらとってもよかったので、思わず買っちゃいました

「だいすきっていいたくて」 
             カール・ノラック:文  クロード・K・デュボワ:絵
             河野万里子 :訳        ほるぷ出版


 という絵本です。
 朝起きたら、ロラのほっぺにどんどん溜まる、パパとママに言いたい素敵な言葉 けれどパパとママはとっても忙しくしていてあげられずじまい。誰にあげようか考えながら一日過ごすのに、素敵な言葉をあげる場面なんてどこにもない。
 もう素敵な言葉なんてあげない!!! そう思いながらもほっぺにいっぱい溜まった「素敵な言葉」はもう溢れる寸前。

 大好き!

 大好き!

 だーーーいすき!!!


 夜になってようやく言えた素敵な言葉 「大好き」って言葉でみんなが笑顔になっていく。
 ロラはようやく言えた素敵な言葉の嬉しさを胸に、寝床につきます。
 でもちょっと心配・・・

「明日も素敵な言葉はきてくれるかな・・・」

 大丈夫!
 だいじょーぶ

 明日起きたらまた、口いっぱいに「素敵な言葉」が広がってるはずよ!

 そんなお話です。小さいロラが一生懸命「素敵な言葉」をあげられる相手を探して一日を過ごすさまが、とってもいじらしく可愛く感じられます。けれど、結局言いたい言葉はパパとママに贈られるんですよね
 「大好き」って、本当に素敵な言葉。「愛してる」の「好き」だけじゃなく、全てに通じる「好き」の素晴らしさって、案外子供の方が良く知っているのかもしれません。

 大人になると、どうしてこう「好き」の意味を斜に構えて捉えてしまうんでしょうね

 大好き!

 だーーーーいすき!


 一人にではなくみんなに、私に繋がるみんな、だーーーいすき!!!

 愛してます!

   素敵な言葉、明日の朝の私にも、またやってきてくれるかな?

                       

 本屋に行ったついでにまた何冊か本を買っちゃいましたが、また後日談で。

 上記の絵本の後書きにもあったんですが、「言葉」は本当に大切なものですね。自分自身を変え、相手を幸せにする力を持っているものです。
 何気ない一言が力になったり支えになったりするものです。人を支える他、自分の気持ちを表現し、伝え、誤解のない自分自身を創り上げるのもまた「言葉」の一つの役目だったりします。
 小説家の書く小説が、その人らしさを醸し出すように 同じ作家さんが全く趣向の違う本を書いたりもしますが、根本に流れる「言葉」の使い方や響きはどうしても変えられないもの。○○さんのような小説を△△さんが書けはしない、だからこそ著書と呼ばれ、代表作と呼ばれ、小説家として名を馳せるんでしょうね。

 それは音楽も同じ。今日本屋で音楽雑誌にのったポルノグラフィティの記事を読んでいて感じたことでもあります。「痛い立ち位置」の感想や評価が載ったページに、

「3曲目を作ったときに晴一は沈んでいたのか?」

 という下りがあったんです(読んだ?)。私は3曲目を聞いたことがないので素直に言葉通りに読んだんですけど、そういう自分を表現できる晴一くんの言葉、感性の使い方って、いいなァと思っていました。

 私如き凡人は、凹んでいる時も楽しいときも、大概自分で昇華するしかないものです。ストレスとは対峙して解消していくもの。嫌な時も楽しいときも、人に聞いてもらうことは出来るけれど、音楽や小説のように「相手を楽しませる」ほどの作品として「嫌な話」を提示は出来ていないんですよね。
 だから、嫌なことの文句ばかり聞いてもらって、こっちはすっきりするけれど、相手は聞き損・・・・ということ、往々にしてあるかと思います。私だってどうしようもない恋愛相談をグチグチと友達に聞いてもらってるしね
 
 そういうときの言葉、私は上手に使っているかなーと思うのであります。
 ありがとう、聞いてくれてありがとう、凄く楽になった・・・ちゃんとそう、伝えられているかな?

 言葉の持つ威力って、色んな意味で凄く大きいと感じる最近です。

 だからこそ、「伝える」ことに意味があるのかな。

 誤解が生まれる言葉もあれば、愛が生まれる言葉もある。友情が生まれる言葉もあれば、壊れる言葉もある。言葉は二面性を持っていて、そのどちらが出るかは自分の使い方次第なんですね。
 愛や感謝を表現する簡単な言葉に埋もれていないで、自分でそれを見つけ出そうとしなきゃねそして一番素敵な言葉が見つかったら、迷わず誰かに伝えないとね

 ただの「ありがとう」でも「お疲れ様」でも「おはよう」でも「さようなら」でも、伝える相手がいることは素敵な事
 
 言葉は一人では意味を成さないもの。
 相手がいてこそ意味を持つもの。


「ただで受けたのだから、ただで与えなさい。」
                      マタイによる福音書

 言葉には、お金は発生しません。
 私たちがただでいくらでも、どれだけでも、尽きることなく生涯幾度も与えられるのは、心と言葉。

 自分で考えながら、相手がいるのに伝えられないでいるいっぱいの言葉が胸のうちにあることに気付いたりしてます

 まず始めに、一番最初に、あなたに、ありがとうの一言を。

 私から、この記事を読んでくれているあなたに、どうもありがとう

                       

 忙しくなく過ごす一日には、何故かこういった不可思議な事を考えたりします。
 
 うーん・・・そんなことを考えながら焼いたクッキー、苦い味がしないかな?
画像


 ケーキが主たる生産の私には、クッキーは意外と大変です。
 綺麗に焼けないので、やっぱりケーキの方が簡単かも〜〜〜。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
言葉の力 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる