〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS pray to God

<<   作成日時 : 2008/05/10 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 さ・・・・さぶい・・・

 5月半ばも近いというのに、今日はとっても寒いです。雨が降ると寒くなるんです、福山って所は
 今日は何となく肌寒く、冷房の効き過ぎている手術室は凍えそうでしたよ。じっとしていると急に眠気が・・・い・・いかん!

 土曜日だというのに出勤していて、何事もなく穏やかに仕事を済ませてきました。緊急手術も入らず、緊急の用事も入らず、落ち着いた一日でした。普段出来ない色んな事を済ませて、手術場はひっそりと週末を迎えるわけです。
 土曜日の出勤は案外辛い。何もすることがないのもそうだけれど、外来診療は行っているので、もしも何かがあると出勤している3人だけで対処しなくてはならないんです。それがどんなに大きな手術になろうと、助けを呼ぶわけに行かないので、電話が鳴るたびびくびくしながら取っています。

 ここのところナースのお仕事話が多いので、話題転換。

 といっても、私のできる話題は少ないんだけど

                          

 明日は何の日かご存知ですか?

 そーです、母の日です。連綿と続く命がある限り、「母」という存在はなくならないものです。勿論、「父」という存在もね。

 私たち人間が動物と差別なく必ず持っているもの、それが両親。色んな事情で一緒に暮らしていなかったり、もう会えなかったりすることもあるでしょうが、この世の中で自分が絶対持っているといえる最たるものが、「親」なんですよね。「親」がなければ「自分」がいない。
 
 そう言う事に既に気付いているんだけど、中々実感として得られることが少ない日々を過ごしている私。一緒に暮らしていると段々「当たり前」になってしまうんでしょうか。なくして分かることというのも頷けます。
 
 その母の日を前にして、後輩からこんなメールが来ました。

「母の日に自分でケーキを作ってあげたいので、レシピを教えてください。」

 うひゃ

 くすぐったいです!
 私が「母」ではないのに、何だかくすぐったい思いで一杯でした。

 勿論、一番簡単で失敗しないケーキのレシピを贈りましたけど

 君の母、羨ましい!

         ・・・・・うち、何しよう・・・明日乗馬へ行くつもりなんじゃけど・・・
               親不孝・・・・

 私のケーキのレシピが、「お母さんありがとう!」の片翼を担えたら、嬉しいです。
 
                            

 親になって親のありがたさが分かる、と巷では言いますが、親に成ってない私としては未だにその辺は未知の世界。

 みくしーのお友達の日記で、子供の成長に一喜一憂する母親の思いを汲み取ることが出来ます。母の幸せを汲み取るたび、こんな風に自分も誰かを愛しむことが出来るんだろうかと思ったり、人一人を育てていけるんだろうかと心配になったり、何より自分が子供を産めるのか不安になったりします。先の見えない本当に霧中の不安・・・。兎に角不安・・・
 
 あぁ〜〜〜!!! 凹んでくるから辞めよう!

 かと思えば、一方で虐待・ネグレクトの現実もあったりして、人間の心の複雑さに眉をしかめる事の多さといったら、ため息が出ます

 自分の子供をどうしても虐待してしまう、駄目だと分かっていながら手が出てしまう。そういう言葉を聞くとき、私は一瞬思います。
 お母さん、子供を叩きながら自分を叩いているんだろうな。 
 どうしても許せないのは、子供じゃなくって自分自身?
 腹が立ってしまうのは、子供じゃなくて自分自身だったりするんだろうなと・・・

 私には、深くは言えないし言える資格もないんだわ、多分。これ以上書くと無責任っていわれそうで怖いから、止めときます けど、小児科夜間当直をしていて、愛情の見えないお母さんに接する度に思うんです。

 そんな風に思うことも許されない人もいるんだけどな・・・とね

 抱きしめたい子供がいない人も居るんだけどな・・・

 その手にその子がいるからこその事なんだけどな・・・

 私にとっては、子供を愛おしいと思う気持ちも、子供に苛々と腹を立てる気持ちも、どちらも羨ましい「想い」の一つ。産めない気持ち、産んだあなたに分かりますか?という想い。手にしたい、感じてみたい、けれど出来ない、その苦悩を誰が一番理解してくれるのか、分からないんです。

 コレは堂々巡りの問題ですね

 はぁ〜、世の中どうして皆幸せになれる方法がないのかなぁ。
 どうして皆が笑顔で暮らせないのかなぁ。
 どうして「幸」と「不幸」なんて言葉があるんだろうなぁ

 命の重さに天秤が振れる様な世の中では、「幸」の中でも天秤が揺れてしまう。

 あの人が幸せになることを願うように、
 自分の幸せを願うように、
 誰かの幸せを祈ります。

 みんなみんな、笑顔でいられますように。
 一日の終わりに笑顔でいれますように。

 神様へ――
     豊かな眠りの瞬間に、そっと零れる笑みをください。
     明日もまた誰かの愛を感じられる日を、みんなに分け与えてください。
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
pray to God 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる