〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 大切なものはなぁに?

<<   作成日時 : 2008/11/19 22:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 『忙しいという漢字は、心を亡くすって書くんだよ。』

 と言っていたのは、かつての誰か。私の身近な誰かだったんだけど・・・・忘れた塾の先生だったか、国語の先生だったか、はたまた医療者だったか。
 その時はふぅ〜んって思いましたが、なるほどなーと思う最近です。

 性格的にのんびりしている後輩達が憎らしくなる程、心が荒んでいる自分 こんな時に彼の人に会わなくて良かった〜この週に入ってからというもの、あんまり可愛い顔してない気がします。
 心を亡くすと、誰かの為に何かをするとか、そういうのが億劫になるのがいけませんね。何かをしてあげたいのに体が動かないというのではなく、全て心の問題です。寝不足とか疲労とかも関係するんでしょうけど。忙殺されて、自分の事は自分でして欲しい、私に聞いたって知るか!という気分になってしまったり、何で誰も気づかないの!?何でずーっと座ってるの?って、愚痴ばかり過ぎっている自分の思考回路が憎らしい!!!

 自分がこの週のリーダーなのに、全然何も状況を知りません。
 まぁ、全然ってことはないか・・・・

 何故分らないって?

 普通に手術についているからです。
 
 全身麻酔の手術に何件も付いていながら、次の日の準備や先生への確認事項なんて出来るはずがないじゃないですか!先週から私、結構忙しいんですよ!!! これはいい訳ですか!?違いますよね!?真理じゃないですか!?
 あ〜、また愚痴ってる〜〜

 なので、手術についている時間はある意味のんびりした時間
 二日続けてお昼ごはんを食いっぱぐれるという状況さえ笑って誤魔化せれば、手術に介助に入るのは充実した時間です。整形外科では昨日のようにがっつり人生を否定される事もありますけれど

 今日の私のお仕事は、ギネ。婦人科手術です。

 11月から、産婦人科予定手術が木曜日から水曜日へ移動し、正に破竹の勢いの如く手術件数を入れてくる。木曜日は整形外科との兼ね合いもあり、中々思うように件数が入れられなかったのもあるし。おかげで週の真ん中である水曜日が馬鹿のように忙しくなってしまいました。
 今日の産婦人科手術も、3件続けての手術。私はその三番目の外回り担当。当然全て麻酔科管理の手術なので、執刀医もタテ3件こなすけれど、麻酔科医も同じようにタテ3件付き添って動きます。
 麻酔科医と3件目の手術はいつ頃かね〜なんて話しながら、中央材料室の仕事も共に掛け持ちしながらこなしつつ、

「うまうまさん、次の手術は○時でお願いします。」

 といわれた時には、お昼ごはんを食べる時間がなくなっていたという次第です。仕事場の状況を無視してしまえば食べる時間も合ったんだけれど、どうみても捨て置けない状況で、

「終わってから食べる。」

 と言っていたら、16時になってしまいました。
 お昼すぎから始まった私の担当手術。

 いつもハイテンションの産婦人科医で、オペ前準備にもたもたしていると叱り飛ばす様な先生。苛々しながら動きの悪い看護師に、きーきー文句言う事もある先生。なのに、今日はぼんやりと手洗いをして、のんびりと入室してくる。

「今日の○○先生、すんごいテンション低いですよ。」

 一つ前の手術に付いていた後輩が、結構時間がかかったね、という話を振った時にそう言っていたのを思い出しました。
 確かに、オーラが違う普通のおじさんみたい(←失礼すぎる)

 すると先生、清潔ガウンを着て、滅菌手袋をはめながら近づいてきて、

「・・・・・体調悪いんだよ。」

 はいっ!?

「・・・・なんかね、眩暈がするんだ。」

 なんですと?

    同情引いてるわけじゃないよな?

「そうなんですか?」

「ん〜〜〜、なんかねぇ〜〜〜」

 この先生、普通に話をしているときの声は、かなりの美声です 舞台俳優さんのように凄く良い声をしているんです。渋いというか、低めの耳障りのいい声。けど、手術が始まると中々聞き取りづらくなったりするんですけど・・・。 そんな声で体調不良を相談されちゃあ!!!!

 ・・・・なんも起こりません

「そういえば、後輩が『今日の先生はテンションが低い。』って言ってましたよ。」

「だろう?」

 先生はうんうん唸りながら手袋をはめ、はっと気がついたように顔を上げ、無影灯の位置を調整していた私を見上げて(台の上に立っていたの)言いました。

「そうだよ!僕今日、お産があったんだ!」

 はい!?

「それも2件も!!!」

「まぁ、生まれたんですね 良いことじゃないですか。」

「夜中に2回も病院に来てるんだよ!」

 ・・・・当然だろう、お産だし。

「寝不足ってわけですか。」

「そうだったよ!そうなんだ!」

 何を今更!?

「忘れてた、お産があった事。」

「はぁ〜!? 何でそんなこと忘れるんですか〜!?」

 お産済ませた患者さんがいるって言うのも、忘れてた訳?

「もう駄目だよ、年とるとね・・・・」



 関係ないーーー!!!!



 お産の事を思い出したからなのか、それとも麻酔導入をしたのが大学から応援に来てくれていた美人の女医さんだったからなのか、先生は何を思ったか、ありえない急上昇カーブでテンションが上がり

「先生はお子さんは?」

 後輩の器械だしナースからメスを受け取りながら、女医さんに聞く。

「えぇ、二人います。」

「どのくらいですか?」

 と、世間話。子供の年頃の話で盛り上がり、

「可愛いでしょう〜〜〜!!!

「えぇ・・・まぁ・・・

 女医さん、産婦人科医のテンションに引く。


 明らかに引く。


 がっつり100mは引いたな

 顔が苦笑いだったし

 それに気づかない様子の産婦人科医、続けて自分の子供の話を出して、

「僕の子は一人はもう成人しているんですけどね。

 今でもそりゃ〜〜可愛いと思うんですよ!!!」


 ・・・・はぁ・・・ここ最近、この産婦人科医の子供さんの自慢なお話につき合わされている気がする。

「流石に一緒に風呂入ったりとかはしないですけどね。」

 可愛がる基準はそこか!?

「いやぁ〜、未だに自分の子供は可愛いと思うよ。」

 そこにいたナース二人、独身

「僕ね、二人じゃなくてもっと作ればよかったと、今更思うんだ。5人とか6人とかね!」

 麻酔科の女医さん

「えー、育てるの大変ですよ。」

「いやいやいやいや!僕そういうの好きなんですよ〜。」


 すいませんが



 先生に「子育て」こそ、



 似合わなさ過ぎる




 『子供の事は君に任せてるんだよ!』

 といいながら、相談を持ちかける妻に対して茶をひっくり返して怒りながら、

 外で女遊びしているのがイメージ。それも若い女の子。

    ↑すんません、自分の勝手な妄想です
      決して本気にしないでね。

 
「僕は協力的なんだよ

 と言うのを前に聞いたことがある。
 確かにね。奥さんの事は何にも言わないけれど、子供の事は結構色々話してくれるもんな。子育てに参加していたかどうかは置いといて、子供好きは子供好きなんでしょうね。(どこぞの小児科医よりは。)

「今子供作ってくれるって言うんなら、また作りたいね。」

 ・・・・・先生?



「外で産んでくれるって言う人がいたら、お願いしたい位だね!」

 

 


 してるんじゃないの?






     ああっ!!!! ブラックな話題へ行きそう!


     ああっ!!!! 止まらないっ!!!!





 いるんじゃないの?





      ※あくまでも私の想像です。先生のあるかないかの名誉の為。

       真実は先生のみぞ知る・・・ フフッ・・・




「アハハハハ〜〜〜〜〜」

「あはははは〜〜〜〜」

「ふふふ〜〜〜〜」




 笑ってる場合か!?




「あはははは〜〜〜〜〜」

「あははは・・・・」






「今度、どう?」




  はいっ!? 







「なーんてね。」





 嘘でも言うな




 死んでも嫌。 




 世界で二人だけになってもイヤーーーーーー!!!!!!









 そうなる前に、首吊って死ぬ。(予定)。







 その後、手術はかーなーりハイテンションで進み、無事患者さんの患部は取り除かれました。相変わらず、産婦人科手術は、体力手術です。

 体調不良じゃなかったの?

 初めの弱弱しさは何処へ行ったの?


「良いね〜、良いね〜

 と、自画自賛するのも、いつものこの先生の習慣みたいなもの。

 でもまぁ、自分の子供を持つ、と言う事は、男の人にとっては結構素敵な出来事のようだと分りました。女性は自分で産むからよくわかるけど、男の人にとっても同じなんだなぁ・・・。

 家族って、凄いですね


 今回ばかりは、この先生が産婦人科医であることを重々納得しました。

 そうだよ、君は根っから産婦人科医だよ

 良かったね、子供が好きって言うだけで小児科医にならなくて

 子供の前に根っから、



 女性



 が好きなんだよね〜

 こればかりは、いやらしい意味だけでなくてね。

 医者としては見直したけど、




 金輪際、子作りには誘わないでね




 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大切なものはなぁに? 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる