〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS お疲れ様です。

<<   作成日時 : 2008/12/05 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 槙原敬之さんの「anywhere」

 自分が何処にいても、君が近くにいてくれればそこで生きていける。
 君の居る場所が、僕の生きていく場所。
 どんなに辛い場所でも、横に君がいるだけで、辛い事も幸せに変えていける。

 人間は辛い事も幸せに変える力を持っている。


 聞く度に、こんな風に誰かを愛せ、誰かを支えられる人間になりたいと思っていました。その人の辛い事も悲しい事も、最終的に「幸せ」へと変えて行く事が出来るなんて、素敵ですよね 槙原さんのメロディに乗せて流れるから余計、淡い淡い憧れになって聞こえてきます。

 ちょっとメランコリックな気分のうまうまです

                        
 
 今日の私の仕事は、形成外科。うちの病院では余りしない植皮の手術でした。大学病院などの大きなところでは、顕微鏡を使って血管や神経を縫い合わせる植皮も行われているようです。これになると5.6時間かかる大手術。勿論全身麻酔。
 考えてみれば形成外科医は、かなり細かい作業を確実に行う丁寧さ、繊細な感覚を持った外科医です。小さなことを繰り返したり、兎に角綺麗に治すことが要求される科です。局所麻酔の小さな手術だとしても、2時間程度の時間が必要になります。皮膚縫合だけでも本当に気を使って細かくされるのでね だからこそ、治った時の傷の綺麗さといったら、絶品です。というか、傷跡もなくない!?という感じです。

 その植皮手術。あまり経験がないスタッフの中で、私はちょびっとだけ齧った事がある程度。初めて介助に付く後輩に外からあれこれアドバイスしながら、先生が要求する色んなものを出していかねば成らない上、3時間以上かかった手術中、腰椎麻酔で意識がある患者さんとのコミュニケーションも必要。
 滅茶苦茶忙しかったけれど、何だか充実した手術でした。

 やりきった!

 という感じ。付いていた後輩もぐったりしていたけれど「初めて見たー!」という事が多く、興味深く感じていたようです。私はふるーい記憶をようやく呼び起こした程度。あぁ、こんな風にしていたなー、何年か前・・・・。という感じ。
 形成の先生はこの手術の為に大学から来られた先生。いつも応援に来ている先生だし、同年代と言う事もあり、分からないことがあったら

「どうやってするの?」

「何使うの?」


 と、何でもかんでも聞いてしまいました。けれど快く、しかも何だかうきうきしながら答えてくれる先生。きっと教える事が大好きなんだと思うわ 初めて使う器械の使用方法を後輩が聞いたときも、逐一詳しく説明してくれたし。
 根がおしゃべりというのもあるんでしょうけどね。やっぱり自分の考えをちゃんと話してくれる先生はとっつきやすく分かりやすいです。(冗談や世間話もしてくれるしね。)

 その先生も、3時間を越えて流石に患者さんの疲労が濃くなると、

「もうすぐだから!頑張るから!」

 と、自分になのか患者さんになのか、エールを送りながらの作業となりました。腰椎麻酔は一度かけると5.6時間効果が続きますが、ずーっと同じ程度の効果ではないんです。次第に醒めていく。と言う事は、早く作業しないと痛みが出ると言う事。
 終盤は、時々出るちくちくとした痛みに対して局所麻酔薬を使いながらの閉創となりました。よく頑張ったよ、患者さんも。すんごくいい人で、

「こんな事いっちゃいけないんだろうけど、後どれくらいで終わる?」

 と、申し訳なさそうに聞いてくる。答えてあげたいけど、形成外科はどれだけでも時間が必要な手術だったりするので、

「もう全体の2/3くらいは終わってますから。」

 と言ったり、先生に聞ける時は「後何分くらい?」と聞いたり。患者さんは状態もわからないし、進行状況も不明。時折に経過を教えてあげると、「順調にいってるなら安心した。」と言ってくれ、きっと不安だったろう気持ちを落ち着かせていました。
 手術をしてもらう患者さん側は、分らないまま見えないままずーっと横になっていなきゃいけないんですから、そりゃ辛いですよね。外回りとはいえ、ばたばたしていた今日は患者さんの傍で話をしているわけにもいかず、申し訳なかったです

 大きな手術に付くたび、自分の未熟さに気づいたりします。
 技術の未熟さではなく、心の未熟さ

 優しさに疎いなって、感じます。相手の優しさを感じることは出来るのに、自分の優しさをちゃんと差し出すことが出来ない、乞われる時を気づいていないなんて、駄目だなーって感じます。
 今日も、患者さんの元気な返事や「大丈夫、大丈夫。」と言ってくれる言葉に、私の方が安心を貰ったりしてました。本当はこっちが患者さんに安心してもらわないといけないのに!

 ぺらぺらで困ります、私・・・

 手術はやりきった充実感で一杯だけど、私って言う人間がちっこいなって感じた、ある意味とっても意義のある時間でした。

 週末、ゆっくり休んでもう一度頑張ろう!

       何度だって頑張れるんだよ・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
お疲れ様です。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる