〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS Hope to see you again.

<<   作成日時 : 2009/01/28 21:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 髪を切りました。

 ばっさり、という程ではないけれど。
 一年ぶりに、髪を切りました。

 くせっけの酷い私。

画像  
 じゃじゃん!!!!
 
 一時間かからず、ゴージャス巻き巻きヘア完成!
  (写真は一部です。実際、すごいっす・・・・)

 因みに、パーマではありません。
 スタイリストさんもビックリ!の、自家製巻き巻きヘアです。
 
 いやぁ、やっぱり専門の人はお上手です。
 本気で一時間かからず、ちゃちゃっと!


 ちゃちゃっ!と、

 ものの見事に一瞬で



 この一年の、涙も喜びも、共にした思い出も、
 
 ばっさり切り取って、

 笑って言われました。

 「ねぇ!軽くなったでしょう!
 
  綺麗になったでしょう!

  可愛くなったわ!」 




 えへへ・・・と笑いながら、鏡に映る自分の苦笑いに、もう一度苦い笑い。

 なーんにも知らないはずのスタイリストさんが、

 やけに端的に、エールを言葉にしてくれました。


 
 

 失恋をしたら髪を切る

 この意味を、私はずーっと知らずにいました。
 何で髪を切りたくなるのか、ぜーんぜん理解出来ませんでした。
 思い出を切るのだと聞いた事もありますが、恋の思い出を切り落とすには、丸坊主しかないじゃんって、思ってたんですよね。

 今、「解る」とは言いません。

 だって今も、髪を切るのと失恋は繋がらないと思ってます。

 けど・・・・

 ホンの少し、

 よく考えたら、



 逆の、「髪を切りたくない」気持ちはわかります。

 私の髪、パーマもカラーもしてないのに、この一年毛先がとっても痛んで、とてもとても気になっていました。白髪も悩みだけど・・・。

 スタイリストさんも「何にもしてないのにこんなに痛むのはどうしてかしら?」 と言っていた。

 「きっと、生活のどこかに原因が在るんだろうけど・・・。
  思い当たる事ない?」


 どこかに、あるんでしょうねと笑いながら、「食生活かしら?」なんて返事をして

 びっくりするほど痛んで、悲鳴を上げていた私の髪。

 もういいでしょう?

 もう、良いんじゃない?


 ブラシを落とすたびに軋む髪が、そう叫んでいたのに、私はずーっと気づかない振り。
 
 もう少し、

 もう少し・・・

 あと少し・・・


 とうとう、その叫びに勝てなくなっちゃいました。
 切りたくなかったけど、
 落としたくなかったけど、

 毛先の痛みは、私の痛み。
 軋んで絡んで、枝分かれして、
 ぐちゃぐちゃになった気持ちの表れ。

 切りたくなかった。
 ただ、何となく、切りたくなかった。

 4月までは、
 3月末までは、
 まだ1月だし。

 頑張ろうって思いながら、そんな気持ちが身体に迷惑かけて、
 私から「艶」を消していたんだ。

 「見てみて!触ってみて!こんなにつやつやに成るのよ!
  くるくる巻いて、すんごいパーマかけたみたいよ!」


 スタイリストさんの可愛い驚き声とはしゃぎ声が、ホントはちょっと心苦しい。

 今までの私、触ってみたくなるほどの艶も、くるっくるの巻き毛の綺麗さもない、
 醜い私だったんだなって気づいたんだなぁ

 終わりましたと言われて立ち上がり、
 足元に散らばった「思い出」に、足を取られて滑りそうになる。

 床に無造作に投げ出された私の髪。
 痛んで軋んで、叫んでいた髪。

 淋しいと言うより、「あーぁ」って思うより、
 何だか落ちた髪が、居るべき所へ戻った安心感を訴えているように見えて、

 ごめんね

 って、心で呟く。

 我慢させてごめんね。
 我侭言ってごめんね。
 ホントはもっと早くこんな風にに、役目を終えたかったはずだよね。

 無理やり生かした命のようで、ICUの冷たい蛍光灯を思い出した。
 早く逝きたかった命も、ある。
 けれど、もっと生きて欲しかった命もある。
 どんな形でも、生きてさえいてくれればよかった命も、ある。

 あーぁ・・・・

 「切りたくない」気持ちの最後って、こんな気持ち。
 最後の一葉の気持ち。
 絵描きが一枚の葉を描いて散った、本物の最後の一葉の気持ち。

 ようやく、役目が終わる安堵。

 一時間もかからず出来た、びっくりするほど極上の巻き巻きパーマ
 本物のパーマをかけに来たお客さんよりずーっと早く、
 肩凝りすら感じることなく席を立つ私。
 アシスタントのスタッフが、ちょっとビックリしながら声をかけてくる。
 技術の凄さを、羨望の眼差しで見つめてくる。

 けど、こんな私、あんまり見ないでください

 落ちた髪の毛の分だけ、頭は軽くなったけれど、
 重い心が浮き彫りになったみたい。
 


 誰に、見せに行こう?
 誰に、自慢しよう?


 可愛くなった!って、素敵だ!って、誰に言わせよう?




 まさか・・・

 こんな私が、可愛いだなんて、素敵だなんて、
 誰が言ってくれるっていうんだろう?

 誰の言葉を、期待してるんだろう・・・・?





 という訳で、髪を切りました。
 重くなる心の荷物を、もう少し抱えていかなきゃいけないからね・・。

 失恋して髪を切りたくなった訳じゃ、ないんだなぁ〜。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Hope to see you again. 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる