〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS a piece of cake

<<   作成日時 : 2009/03/03 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 雪です。昨日から寒いなーと思っていたら、雪が降ってしまいました
 朝起きると、白いものがはらはらと・・・・

 あぁ、雪だなぁと思ったけど、次の瞬間



 仕事へ行かなければ!!!!!



 普段は空いているのに、雪の日は大渋滞するのが病院までの道。急いで支度をして、いつもよりずーっと早い時間に出たのは良いけれど、意外と混んでいなくて・・・・ 仕事場でぼんやりしてしまいました。
 道が凍るほどではなかったのが幸いでしたが、今日の雪は何だかとっても綺麗でした 時間に余裕があると、色んなところまで見える感じですね

 まだ葉をつけていない雑木林の木々を縁取るように積もった雪、その間を静かに降り続ける雪。車のフロントガラスにはらはらと落ちてくる大粒の雪。学生達の髪の毛を白く彩る、三月の雪。

 思い出しました。

 私の高校の卒業式もまた、珍しい三月の雪に彩られていました。とっても水っぽい雪では在ったけれど、校舎を白く染めるだけの深みはあり、窓を白く曇らせる寒さがありました。
 三月に雪なんて珍しいね・・・そう言いながら先生と窓の外を眺めた事を思い出します。寒いのに正装だからと言って上着を脱いで出席することになっている卒業式(うちの高校の制服は、上着があるのはあるんですが、脱いだ状態が「正装」なんです)。 寒かったことよりも、不思議な雪の景色をよく覚えています。

 でも、卒業式に雪と言うのは、別段珍しいことでもないんだよ と、当時の先生に言われた思い出があります。卒業式でよく歌われる「ほたるのひかり」。あの歌詞にちゃんと雪は出てくるからというのがその先生の話。
 
 ♪ 〜 ほたるのひかり まどのゆき ふみよむつきひ かさねつつ

 これが卒業式で歌われるようになったいきさつは知らないけれど、実際これが三月の歌詞なのかどうかは分らないけれど・・・。その時高校生最後の日を過ごしていた私にとっては、何故かとっても思い出深く残っているのであります。
 まぁ、ほたるのひかり、私は歌ったことないんだけどね

 その三月の雪。

 本当に綺麗でした 思わず彼の人に、別の用事でメールを打ったので書いてしまいました。季節の挨拶というようなものですが、出勤途中の景色がとても綺麗でしたと何時よまれるかはわからないけど

 その彼の人にメールを打った理由なんですが、これがまた不思議な縁で 月曜日にちょっとした用事があって電話をしようとしたんです。
 でも、よく考えたら次の日でも翌々日でも、暇があったり顔を見たりしたときに聞けばいいかなー、電話まですることないかなー、ただ声が聞きたいだけかもなー私、そんな後ろ暗い理由は駄目よなーと思い、コール音を聞くか聞かないかで切ったんです。着信が残っている事もないだろうし、残っていたとしても「呼び出し時間一秒」の相手をわざわざ気にしたりしないだろうと思ったし。

 すると、切った瞬間!!!!! 5秒もしないうちに


 着信。


 おひょ〜〜〜〜〜っっっ!!!!!


 はぁ!? 何で!?

 嬉しいというよりも、驚愕しきりで、条件反射のように本能の赴くまま電話を取る羽目になりました。速攻かけ直しって、なんだ!? 今考えれば凄く嬉しいけど。(その時はそんなこと噛み締めてる余裕ないし!)

「もしもし!?

 自分でも何が起こったのか分からないほどの瞬殺でした。言葉を考える暇もなく電話に出ると、呑気な声で

「今電話がなったんだけど、なになに???」

 やけに明るい声がしました

「・・・・・すいません・・・こんなことで電話するのいけないと思ってすぐ切ったんですけど・・・。」

「ううん、いいよいいよ。なになに? なんだったの?」

 とっても明るい声で、明るい口調で、仕事場で話す時には絶対見せないような純粋さで話しかけてくる彼。あんまり申し訳ないので本当に用事だけ聞いていたら、

「今日これから飲み会なんだー。」

 とかいう砕けた話をしてくれて、

「楽しんできてねー

 と返したり、たった数分の事だけど、そんな他愛ない話で盛り上がってしまいました
 そんな中、本題はある意味くだらない部類に入る用事の電話だったので、「本当だったらメールでもよかったんだけど、メールは返信してくれんもんね、○○さんは!」と、つい話をしたら、

「・・・・だって、写す前に消してしまったんだもん。」

 と、語尾を言う声が小さくなる彼。

 はぁ?

 何の事?


「この前の(パソコンの)メールで、アドレス教えてくれたじゃん。」

「あぁ・・・携帯の・・・そうですね。」

「そのメール、間違ってコピーしてないのに消しちゃったんだよね。」

 だから、返そうにもアドレスが分らなくて・・・といいたい様子。

 ちょっと待て

 何も携帯に返さなくても良いんじゃないかい?

 知る必要がないから消したんじゃないのか?

「・・・・・・いつものメールアドレスでいいじゃん。」

 さらりと私は言い返し、それを聞いた彼はきっと電話の向こうで苦笑いをしたんでしょうね、あはは・・・・という声が聞こえてきました。

「そのいつものパソコンのメールアドレスにも返信してくれんのんじゃもんね、○○さんは

 冗談で笑いながらそう嫌味っぽく返した私。彼はそれに対しては笑ってるだけで、何にもいいわけもしないし、メール嫌いだからとも言わない。
 きっと返す内容が見つからないんだろうとは思うけど。

 そんな話をしていたら、突然
 
「また教えてよ。」

 と、彼。

「え?」

「またいつものメールに書いて送ってよ。」

 ・・・・・はい?

「・・・・でも○○さん、私のアドレスなんか必要ないじゃろ?」

 必要ないから、消したんでしょ?

「そんなことないよ!」

「いや・・・必要ないと思うよ。○○さんだって私にアドレス教える必要ないじゃろ。」

「そんなことないよ!教える!教えるよ!今!」

「は!? い・・・・・いいいい今!?」

 思わず紙とペンを探すけど、その突然さに声が上ずる私の対応を受けて

「今・・・は駄目か・・・。じゃ、いつものメールで。」

 といい直す彼。何でこの人、こんなにむきになってんの?
 必要ないじゃーん、と笑い合いながらも、じゃ、教えあいこ!と言う事で電話を切りましたけど。
 必要ないならないで、そういえばいいのに。いつものパソコンのメールでいいし、何も携帯電話のメアドを引き合いに出さなくてもよかったのに。そんなこと聞いてないのに。(って、自分を棚に上げるのが悪いところ。)

 なんか、不思議な関係と化しつつあります。仕事場以外では普通の友達っぽくもあり、話してる内容は何だか親友っぽくもあり・・・。大体、仕事場で会うときとこんな風に仕事場以外で会話する時の違いが出つつあります。まぁ、仕事場は仕事の話しかせんもんな。

 という経緯で、今日の夕方に自分のメアドを書いたメールを打った訳です。雪の事も「綺麗だったね」と、飲み会の事も「どうだった?」と書いて送りました。ついでに色んな話を含めて 中々会えないから、会ってもこんな話は出来ないだろうってことを、いつも私は付け足しのように本題とは別にいっぱい書いて送ってしまいます。
 2月20日のあの日、彼を送っていった先にあった梅の木が、とても綺麗でしたと言う事も

 私ってばメール長いことで有名です。いつも最後まで読んでくれているんでしょうかね。
 国語嫌いと言っていた彼が、ムキになって知りたいアドレスでもないだろうに・・・。 

 優しいって、残酷よねぇ〜

                         

 そんなこんなで、私は元気に生きてます。
 今日は久しぶりに仕事が流れよく進み、とっても充実した一日でした。といっても、自分の仕事が全部終わった時点で「帰っていいよ」といわれ、みんなを残して早々に帰らせていただいたわけですけど
 
 あんまりにも早く帰ってきたので、久しぶりにパウンドケーキを焼いて見ました
 
画像


 最近とってもパウンドケーキが下手糞になってしまい、全然膨らまないし、何が悪いのか全然分らなくて愕然としていたんですが、今日は何とか凹まずに焼きあがりました〜〜〜!!!

 嬉しい!

 どうやら、やっぱりスチームオーブンというのが私には鬼門のようです。水分が多いのがいけなかったのかなぁ。
これを機に、また頑張ってマーブルパウンドケーキに挑戦です!

 膨らみますように!

 膨らみますように!

 新しいレシピも開拓していかないといけんわな!

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
a piece of cake 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる