〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 両手を広げて。

<<   作成日時 : 2009/07/31 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私が仕事を休んでいた2週間は、激しく忙しかったそうです。心が荒んで笑う余裕もなかったと、先輩が教えてくれました。
 なのに復帰した途端、穏かなんですよいつも時間どおりに帰れるし。お陰で皆は喜んでいるけど、残業がない分私の来月の給料はかなり厳しいと思います。

「うまうまちゃんが居るだけで、忙しさがちがーう

「私、オペ室では忙しさを呼ばない人間なんですねぇ・・・」

 なんて会話をしていた、今日のお昼であります。

                        

 実は私、この週末が『病院拘束』ばりばりです病院の為に生きているようなものなんです
 金曜日の今日は夜の二次救急待機当番になっているにもかかわらず、明日8月1日は病院当直業務が入っていて、2日の朝までお仕事、その後きっとベッドに撃沈。
 土曜日の当直は明くる日曜日まで潰れてしまうので、案外倦厭されがち。確かに何にも出来ないなぁ・・・。けど、今の私にはそれもいっか〜・・・どうせすることないし・・・・の世界で開き直りです。


 7月が終わります 
 2009年度が始まって、4回目の一ヶ月が終わります。
 前へ進んだ気になっていても、変わらず私は佇んだままなんだと気がついてしまいます。まるでエスカレーターの下りを一生懸命登っているみたいな私の毎日 いえ、それでも少しは上へ登ってるんだと思ってましたけど
 
 もう泣く事はないだろうと何度も何度も思っていたのに、相変わらずの私
 穏かな毎日、豊かな笑顔とみんなの優しさ、ささやかだけれどとても暖かい私の日常なのに、思い出すたび泣けてしまう『事柄』があるうちは、我侭だけれど幸せとは言えないのかもしれません。

 辛い事も辛い気持ちのまま思い出すことがなくなるのが、幸せの効用。自分が幸せな時に思いだす「辛かった」出来事は、決して涙を誘わないものです。そんなことに気付きました。
 気を抜けば目の奥にずきんとした鈍い痛みを感じる涙は、まだまだ鮮やかな色をした傷のまま。

 成るべく穏かな気持ちで、優しい気持ちで、静かな気持ちで、毎日を過ごしながらも、一日のうち何度も何度も思い出してしまいます。

 彼が語った、一つ一つ。
 私が聞いた、一つ一つ。

 仕事をしているときの、凛とした横顔。
 大切なものに対峙しているときの、しゃんとした後姿。

 仕事を語るときの、真剣で真っ直ぐな瞳。
 家族を語るときの、無意識な、優しくて子供のような瞳の光。
 
 私の何気ない一言に笑い声をあげたときの笑顔、その笑い声。
 私の前でさり気なく見せた、しんどさと辛さ、ため息の音。

 並んで歩いた夜の道の静けさ、肌に感じた空気の冷たさ。
 手を振って別れた、大切な日の事。

 仕事をしているときの、短い爪をした長い指先。
 ズボンの裾から見えた、形のいい踝。

 初めてであったとき、シャツの下にしていた、ボールチェーンのペンダント。
 制服の下に透けていた、Tシャツの背中の文字。

 送ってくれたメールの、いつも変わらない雰囲気。
 たった一行の語尾に必ず付いてくる、絵文字の笑い顔。

 
 確かに私は彼と一緒に居た時間があったんだと、まるで確認するみたいに。


 
 だんだん、あなたが思い出になる。
 「好き」が昇華されて、『大切』になる。
 もっともっと強い思いで、もっともっと深い思いで、
 きっとご両親にも負けない程の思いで、「大切」に思う。
 
 何もかも、あなたがそこに生きている事が、「ありがとう」という事。
 だから、あなたが目をそらすあなたの家族にも、私は心から感謝します。


 3月、お別れの前に送ったメールに書いた全てが、今も私の全て。それ以外に何を思えばいいのか分からないほど、伝えたい一番大事なことは言ったけれど・・・・。

 感じていた。

 彼と私の世界は、まるで違う。大切に思う気持ちのベクトルも、大事に思う物事も、綺麗だと感じる瞬間も、思いやりの形も、お互いが描く幸せの手触りも・・・。
 だから、どんなに一杯を伝えたと思っていても、伝わっている事は半分もないって、解ってもらえてないって、メールの返事が来ない度、いつも感じていた。感じるたびに沸き起こる、考えも付かないようなこの痛みを、いつもどうしていいか解らなくなる。

 穏かに思い出す。

 それでもいいんだと、泣き喚きながら思ったことも、
 どうしてなんかなって、本気で理由を探していた事も、
 何で出会ったんだろうって、神様の悪戯を深読みしたことも、

 逃げ出したかったことも、逃げ出したい事も、
 無くしたいほど自分がきらいだった事も。

 そして、彼がいるというだけで、あんなにも幸せだった気持ちを・・・

 声を聞かなくても姿を見なくても、
 私という存在を彼が知らなかったときも、

 ただ彼がいるというだけで知った、
 素晴らしい毎日のキラキラした喜び。

 ただ彼がいるというだけで見つけられた、
 毎日に在る奇跡の欠片の輝き。

 彼がただいるだけで教えてくれた、
 私の生きる、この世界の美しさ。



 もしも伝えられるなら、真っ直ぐに言葉を尽くそう。

 

 確かにあなたが持つ、消えない奇跡を起こす力の事。



 一年と少し前の私は、この世にこんな喜びがあることも、こんな幸せがあることも、知らずにいた。

 あなたが居る事を知らずにいたように、日々の中に素晴らしい奇跡が眠っている事も知らずにいた。

 あなたが居る事を知った私は、この世に起こる全ての出来事に、輝きを見つけられるようになった。

 落ちていく夕陽が空に描くアートが美しい事、
 星空が季節の移ろいを見せてくれることも、
 瀬戸内の海が持つ、深い深い緑と青の色も、
 足元に咲き誇るタンポポの綿毛の柔らかさも、
 空を渡る鳥の羽の力強さも、
 
 誰かの、泣きたい気持ちを押さえる強がりにも、
 目の前の人の、憂える気持ちの裏にある愛されたい思いにも、
 人の気持ちの変化を読みとる、細やかな思いやりにも、
 人に出来る目一杯の優しさにも、
 ちゃんと気付けていた自分の事も。

 自分の中にきちんと存在する、輝きを見つける力も。
 
 この両手で捧げられる、
 本物の祈りがあることも・・・。

 
 何にも変われない、時間なんて薬にもならないって思っていた自分がいたっけね。涙を流す事が駄目なことなら、まだ薬は全然効いていないかな。
 けど、強く祈れば祈るだけ、涙はぽろぽろ零れていくもの。苦しいけれど、苦しいままじゃない。頑張ってる時にも、涙は零れるもんなんだって、気付いた。嬉しい時に零れる涙があるように、立ち上がるときにも涙は零れるもんなんだって、都合よく考える。

 子供が泣いてるのは、時に頑張ってる証拠。
 悲しみに対峙している証拠。
 痛みに耐えている証拠。
 頑張って頑張って、どうにかしようと必死な証拠。

 だから、次に見せてくれる笑顔が、嬉しいんだ

 

 今日も沢山作った、ティッシュの山を、またまたそっとゴミ箱に隠そう。
 明日は忙しい土曜日。
 当直の土曜日。

 大好きなマカロンと、アイスコーヒーを作って、夜中だけれど気にしないでお茶しよう!
画像

 大好きな人が大好きな人と、幸せに時間を過ごしていることを願って。

 私に繋がる全ての人がそれぞれの大事な人と、明日もまた笑い合えますように。

 

 そして何より、
 彼と彼に繋がる全ての人に、溢れるほどの喜びが降り積もりますように。
 
 彼の明日と、今日の穏かな眠りを、お守りください・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
両手を広げて。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる