〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 寒いですね。

<<   作成日時 : 2010/01/14 00:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 週末、このブログは長期メンテナンスで更新できないらしい。(←ホントか?)
 コメントとかトラックバックとかは無理らしいので、あしからずご了承くださいね!

 やったー、公然とブログ休めるー!と思っていたのでは駄目ですよーーー!!!

 と、自分を戒めてみる。

                   

 久しぶりぶり

 胃切除術に付きました

 付いたと言っても外回りだけど。手術室看護師の中で、一番の関所である開腹オペの一つ。ココが基本、ここが始まりの一歩です。胃切除術には部分切除(医学的には亜全摘)と、全摘がありまして。亜全摘が登竜門。ここを卒業しないと、開腹手術の器械だしは勤まりません。
 かく言う私も・・・・・

 私も!?

 私違ったような気がする!?

 胃切除術には、手洗いをして先輩が器械出しをするのを同じ術野で見て勉強する「前立ち」というワンクッションがありまして、それを終えた後、次は自分で全部器械出しをすると言うことになります。
 私、そういえば前立ちを一回した後の開腹手術は

 小腸切除

 だったんだーーーーっ!!!! しかも、ぺーぺーの私が休日明けに出勤したら器械だしになっていて、コロンの手術なんて初めてだったから慌てて妄想して(←イメージトレーニングと人は呼ぶ)、おろおろしながら器械出ししたんだっけ。当時の師長さんを恨んだわ・・・・全く

 今じゃ、そんな可愛かった私もモグラーずお局様 モグラの中のモグラになってしまいまして。(←しかも独身彼氏なし) 手術に付くのに先輩と一緒の事が殆どなくなりました。大概後輩達と一緒。

 今日の胃切除も、器械出しは私が指導していた3年目。初めての開腹オペで、一枚台やらメーヨー台やらの「外科必須道具」に悪戦苦闘。
 私は外回りの仕事があったし、「基本教えてるからだいじょーぶよーとたかをくくって今日は無指導。
 しかしね、一回いっただけで覚えられることなんて手術室の中には一つもなくて・・・あはは・・・ 後輩の器械台の準備なんて全然見ずじまいで

「お願いしまーす。」

 と手術が始まり、器械台を術野近くに準備する為に寄せていたら、その時まじまじ見つめた器械台ワゴンエトセトラ・・・・






 あっ!!!!!






 あぁ・・・・・






 ああっ!!!!!






 基本丸無視 マニュアル、渡してたよな最近の若い子の発想って、面白いけど付いていけないわ。
 手術前ならまだしも、始まってしまって外からアレが違う、これが違うと指導したところでパニくるだけ。こっちの言葉ばかり聞いてしまい、先生の指示が届かなくなる。だから私の手術中の指導は必要最小限です。

 その器械台でやるなら、最後までそれで頑張りなさい

 とばかり、私も後輩の造った器械台をざっと眺めて、必要なモノのありかと順番を把握、モノをどこに置いたかわからなくなる後輩に指示して、必要なものが遠かったら声をかけ、器械の名前がこんがらがった後輩に「右手がケリーで左手がモスケリ!しかも強湾!」等と教えていた訳です。
 お陰で患者さんは麻酔科医にお任せ状態。体温の低下とEKGモニターはしっかり横目に見ながら、後輩の器械出しの真ん前で腕組みして手術の進行を見つめていました。絶対やりにくかっただろうな・・・

 終わって

「・・・・まぁ色々指導はあるんだけど・・」

 と言うと、気付いていたのか項垂れて視線を落とし、

「・・・・・・・・・・・はい。」

 こんなんじゃ、強く言えない・・・・けど・・・・
 まぁ、もとは私が手術前に器械台をチェックしなかったのがいけないんだよ。
 すまん

「手術、やりやすかった?」

「・・・・いいえ。」

「なんで○○をああやって並べたの?」

「・・・・並べているうちにどれがどれか分からなくなって・・・・」

「平積みにしたってわけね?」

「・・・・はい・・・」

「ハサミがぜーんぶ一枚台に並んでいたのは?」

「どれを使うかわからなくて・・・」

 ちなみに、うちの病院で開腹手術をする為に必要とされ、外科器械の中に組み込まれているハサミは全部で10本。

 14センチ クーパー
 14センチ メーヨー
 14センチ クーパー(直)
 16センチ メッチェンバウム
 18センチ クーパー
 18センチ メッチェンバウム
 23センチ クーパー
 23センチ メッチェンバウム
 28センチ メッチェンバウム
 28センチ クーパー

 種類は3種類なんだけど、これを術野と深度に合わせて使い分けます。これを全て台の上に並べていたら、A4版では収まりません。

 でも、そのどれを使うのか、一応考えて考えて器械台を作っているんです。考えていると、基本がどっかへいっちゃうんです。だけれども、手術介助の基本や手術自体の基本って言うのはスタッフが交代する時などには絶対必要になってくるもの。その「基本」だって、無理やり作った基本ではなく、基本があるから応用が効くと言うようなもの。

「基本どおりにしなかったのは何故?」

「分かりにくかったから・・・」

 そーなんです。一応考えているんです。
 ただし、ぶっ飛んでいるだけなんです。
 基本が分かりにくかったら、基本がおかしいんだども!!!

「色々ちゃんと考えながらやってるんだよね。今回考えて考えて器械台を作ったしょ。その器械台で仕事がうまくいかなかったんなら、次は同じ事をしちゃいけんよね。」

「はい。」

「手順がこうだったからアレはこうしたほうがいいとか、こう考えてこうしたけど、違っていたとか、一杯あったよね?」

「はい。」

「じゃ、次はどんな器械台で準備するか、また工夫が出来るよね。」

「はい。」

「基本は大事だけど。」

 という指導で締めくくりました 私の指導がいいのか悪いのかは分かりませんが、とかく人から言われたことばかりに集中して、「教えてもらうもの」だったり、「言われなかったから知りません」「聞いてません」だったりしがちなのが下の子達。経験がない分、どうしてもそうなってしまうのも事実。それで赦されることもあるし、仕方ない事も当然の事もある。
 けれど私達が積み上げてきた「経験」って、自分の失敗とか一生懸命考えて考えて勉強して膨らませたものもあるんですよ。初めから先輩だった訳じゃないんだから

 同じように、一生懸命考えて一生懸命勉強して、自分なりに「手術脳」を作って欲しいのが私の指導の根本です。だから他の人から見るとすごーく投げやりに見えるんだろうけど。

 ばりばり働いている後輩の中にも、手術を滞りなくやる事が出来るのに、清潔不潔の観念がまるっきし崩れていってる子もいます。初めは出来ていたはずなのに!?ってことも。大きなことをやっていくと、小さな基本を忘れて仕舞いがち。大は小を兼ねる、見たいな感じに成ってきていて、なまじ自分は頼らなくても出来るという自信がある分、指導の言葉は気を使います。モチベーションを下げないように・・・
 お局様は色んなところに気が付いてしまい、色んなところで「ああっ!!!」と悲鳴を連発してしまいます。まぁいいか・・・って思えたらどんなに楽だろう!?

 この後輩の、次の開腹手術が楽しみです。

                      

 強い風が雲を払い、寒気が空気を凍らせて、星空が私の住む街でも綺麗に見えます。美しい夕焼けも見えました。昨日から明日にかけて雪が心配されるものの、ココらへんは平和なものです

 お稽古事の帰りに、海を見に行きました。車の中からは分からないけれど、かなり強い風が吹いていて、商店の幟が風に乗って飛んでいきそうです。
 その風に煽られて、万年筆のインクのような水面に細波が幾筋もたっていました。

 その昔の映画「子猫物語」の始まりは、

「私は風。」

 と始まったように記憶しています。「雨を曲げるのも私」と続き、子猫が乗ったダンボールが川に流されていくんです。風が何かを揺らしているのを見る時、私はこの始まりの事を思い出してしまうんです。正確にはもっと違うんでしょうが、面白い始りだなと思って。
 その風が川の流れを作り、その流れが子猫をどこかへ連れて行くという一連のドラマに「ほぉ〜と思った子供の頃を思い出します。

 草花が揺れたり、水面に波が立ったり、雲が流れていったり・・・

 風に姿は無いけれど、そうして存在を知ることが出来んですよね。
 頬をなでられ、髪を揺らされ、スカートの裾を押さえながら。
 目に見えないのに「在る」と分かるものの一つです。



 目に見えないのに「在る」と信じていないといけないもの・・・・

 人の心もその一つ。



 その中の、「優しさ」・・・


 
 昔のクイズ番組じゃないけど、「あるあるあるある!!!!」って叫びながら、なかった時のショック・・・・。 
 あーあって気持ち。
 その気持ちを体験することが多くなってしまった自分。


 
 「優しさ」は、頭で信じるんじゃなくて、気持ちで反応しないといけませんね。






 助けてって言っても、返って来ない「何か」を待つのは、しんどい。

 一人にしないでって・・・・
 止めて欲しいって・・・・

 助けて欲しいって・・・・
 助けてって・・・・
 お願いって・・・・

 我侭でも独りよがりでも、我慢したくない時だってあるよね。
 まだ頑張れる時も、全然頑張ってない時でも、「しんどい」こともあるよね。

 
 ふと思う、「還りたい」病。

  風が雪雲を運ぶように、風が運んでくれたらいいのにね

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
寒いですね。 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる