〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪

アクセスカウンタ

zoom RSS 包み受け容れる力

<<   作成日時 : 2010/02/11 23:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 うれしいことに、木曜日が休日。休日自体は全然嬉しくないんだけど、木曜日っていう所がモグラーずにはミソです。整形外科手術の集中する日なので、急がしいったらありゃしない木曜日。その日が休日という事は!!!
 ラッキーの反面、一日手術日がなくなったら別の曜日に集中してしまい、結局バタバタする羽目になるのはなるんですが、最早自転車操業のモグラーず巣穴。

 手術の申し込みの電話があるたび、

「何月何日!?」

「はぁ〜!?その日先生はこれで5件目!分かってる!?」

「全身麻酔!?無理無理無理!その日麻酔科の先生は一人しか居ないし!」

「他院の先生の手術が入ってるから、18時以降!」

「そこの枠には別の先生が入ってる!」

「主治医の先生がその時間無理!」

「これで12件目!もう予定手術は入りません!」

「えー!?自科麻酔?患者さんの入室が20時以降でいいなら!」


 なんていう、ほぼ怒号が飛び交っています。それぞれの先生がそれ゙それの考えで入れてくるので、10人と少ししか居ない看護師では対応できない上、麻酔科管理手術が多く、常勤の麻酔科がたった一人の曜日には麻酔科医フル稼働です。

「私は遊んでいる訳ではない!

 というのが麻酔科医の口癖。病棟から呑気に

「明日の全身麻酔の患者さんの術前診察、いつ来られますか〜」

 なんて電話がかかってくるたび、

「これから手術なの!勝手に私に指示しないで!

 電話片手に手術ルームで大騒ぎして、スタッフが何事かと駆けつけたことは何度もあります。まぁ、うちの病棟看護師さんが余計な手出しをしすぎって言うのもあるんですけど、これが患者さんにとって「優しさ」に出てくるのだから、煽りを食らうのは当然医師ということになります。

 手術場では、「いかに麻酔科医を爆発させないか!?」というのが一日の安全目標です。

                      

 休日なのに手術室の話ではなく、今日は日曜日に引き続き乗馬に行ってきました。今週末が病院当直で行けないので、代わりに今日。

 昨日からこちらはかなり天気が不安定 雨が降ったりやんだりという可愛いものではなく、何だかぐずぐずとした感じで「雨」が続いています。時折「大雨」。これが東日本では雪になっているんでしょうね。こっちも曇りなのにとてもとても寒いです。吹いてくる風がピゅーピゅーと冷たくて、丁度今日お昼に乗馬クラブでスタッフカドリールのお披露目があったのに、ブルブル震えながら見てました。

 今日の相棒は久しぶりにキョウコさん

 相変わらずお美しい!!!

 不思議なことにキョウコさん、馬房が入っている厩舎に私が入った途端、ひょいと一頭だけ顔を覗かせてきました。入り口近くの馬房では、私を威嚇して一頭の馬がガンガン扉を叩いていたけど・・・。
 彼女の顔は一発で分かる美人さんなので声をかけながら近づいていくと、いつもだったらちょっと「ふん」って感じで首を引っ込め興味なさそうにするのに、今日は何故かジーっと私の声に耳を澄ませて、まるで鼻を鳴らすように首をぐいーっと私に近づけようとするんです。

 近づいて顔を撫でると、キョウコさん、私のお腹にぴったり顔を押し当ててきて、上目遣いで私をちらりちらり。見つめてはすりすり、見つめてはスリスリ。

 どしたの?

 思わず聞き返したけれど、「どしたの?」って言ってるのはキョウコさんのほう。暫く顔を埋めてきたキョウコさんを抱きしめていると、じんわりあったかさが沁みてきて・・・。久しぶりで私の事なんか忘れてるはずなのに、

「何かあったのね?どうしたの?」

 と、キョウコさんがそう聞いてくれていました。馬の気持ちなんて分からないものだと思うかもしれないけれど、ある程度犬の気持ちが見て取れる以上に、馬は不思議な仕草で気持ちを伝えてくるのです。一見つっけんどんに見えて、実は我侭を言いたいくらい淋しいって伝えてきたり、楽しい事を勢いで伝えてきたり。
 自分の事だけでなく、人間の事にも耳を傾けるのが馬と人間の共生の形なのかも。

 抱っこしているキョウコさんの顔。直ぐ傍にある、覗き込むキョウコさんの伏目がちな瞳。不意に、

「私、あなたの辛さが分かるわ。」

 はっきりと、そう言われているような気になったのは自意識なんでしょうか・・・。しんどいって言ってないのにね。「キョウコさん、可愛いネェ。」って言ってたんだけど。笑っていたんだけど?

「分かるわよ。」

 馬房から出す時も、ずーっと私の肩口や背中にフンフンと顔を擦り付けて来、洗い場に引っ張っていく短い距離に何度も私の顔を見返してくる。

 馬を引くときに目を合わせちゃ止まってしまうからねって言われたことがあるけれど、今日の私とキョウコさんはお互いガン見状態。(もともと私は馬の目を見ながら曳く癖があるんだけど。でも止まらないよ。)

 レッスン中も洗い場でも、ずーっと大人しく(モトモトオトナシインダケド)、凄くすごく癒されました。馬と一緒に何かを成すってことの穏かな喜びを感じた次第です。本当に、馬って癒しですね。乗って揺られているだけで気持ちがスーッと無心になって行きます。乗っているとますます馬の気持ちってよく分かる。今日のキョウコさんは、本当に余計な事を考えず、ただ私に集中していてくれました。この包容力、どこから出てくるんだろう? 
 キョウコさん・・・あなたに言葉が喋れたら、きっと縋ってしまうんだろうなぁ・・・。

「別にいいのよ。そんなときもあるわ。」

 馬のキョウコさんに、そう言われた気がします。
 ありがとう、キョウコさん。やっぱりあなたは、一味違うレディです

                       

 久しぶりだったので、天候不良にもかかわらず次の馬場レッスンにも参加してきました。嬉しい事に乗っている間には雨が上がっていて、片付けをしている間に振り出すという天気。

 次のレッスンの相棒は、私が殆ど乗ったことがない馬。ゴーちゃん。以前に一回だけ乗った覚えがあるんですが、どんな馬だったか忘れました。
 でも中々動きも良く、合図も通りやすい素直な馬です。

「この子、最近こんな広い馬場に出てなかったから、今日はいつもより動きがいい。」

 指導員も苦笑い。ばーっと勢いよく動くのではなく、凄くいい動きだったので助かりました。駈足への移行も、速足への移行もスムーズ。ただ、なかなか顎を譲ってくれず、

「うまうまさんが譲りすぎ。」

 と指導される始末。
 馬に我慢をさせて顎を譲る状態を作るのは、馬場馬術の基本といえば基本。頭を下げる、屈頭がこれに続きます。馬の口に入っているハミを一定の壁にして、そのハミに対して馬が乗ってくる状態を作ると言うのが言葉での説明。その抵抗の具合に折り合いをつける状態が我慢している状態。
 ハミは手綱に繋がっているので、ハミを壁にしようとすれば、馬がどんどん押してくる力に対して、手綱を固定しておかなければいけないんです。
 自分ではすんごくありえない力で引っ張って馬に抵抗を教えているつもりなんですが、

「もっと引っ張って!」

 ・・・・はぁ〜!?

 これ以上!?

「やばいくらい引っ張ってるんですけど。」

「外から見たらもっといける。」

 ってか、もう腕力自体に無理

 こんな時に楽する道具が折り返し手綱。無理やり馬の首を上げにくくする道具。なければないに越したことはないので、いつもぶらぶら作用させないでお飾りのように使っているんですが、腕の力が抜け切ってしまったのでお助け登場です。 以前習っていた先生には、「大勒の代わり」と言われて必ずつけさせられた物ですが・・・。最近では楽する道具と化してます。

 ゴーちゃんは身体の固い馬と言われていたのですが、なるほど。左向きが苦手の様子。私自身も何故か左内方姿勢が苦手なので、右回り右内方姿勢になった途端、2人して「ほっ」としていました。
 久々の馬場レッスン。楽しかったです。けれどもうグロッキー。お昼はスタッフのカドリールを見学してから速攻で家に帰り、ずーっとお昼寝です。



 一日、しんしんと寒い日でした。行ったりきたりの天気なので、こんな時期に風邪を引きやすいものです。お体には十分注意必要です!なのにインフルエンザは何だか下火。最近は専ら普通の風邪ですね。今年は咳が酷くなる様子で、花粉症も持っているうちの師長さんも日に日に凄いことになっています。

 インフルエンザが下火なら、週末の小児科二次救急の当直も落ち着いてるといいなぁ・・・。

 心が風邪を引いて熱を出している時は、少なくとも身体は元気でありたいものです。ってか、何故か身体は元気なんだけどね。現在の私は、心と身体の切り離し状態なので


 良い週末と、良い夢を・・・

 皆様の毎日に、愛と平和を・・・

 両手一杯の喜びと、溢れる笑顔が在りますように・・・



           心を込めて、祈ってます。
 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村

2011.10.21より参加しています。ぽちっと応援よろしくお願いします。

初心者なので、どの記事にもどちらも載りますです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
包み受け容れる力 〜近畿☆瀬戸内☆うまうま交響楽団 ♪/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる